専攻/講座/分野 共生人間学/言語科学/言語情報科学
総人学系 認知情報学
所属機関/部局
電子メール fujita.koji.3x_at_kyoto-u.ac.jp [Replace _at_ by @]
個人ページ Website

Message to the prospective students

人間言語は概念意味と音声信号を関係づけるシステムであり、その関係づけは構造を介して可能になっている。構造を組み上げ定義し、それを意味と音声に適正に対応づける能力(文法)が私たちの日常の言語活動の根幹にあってこれを支援している。この能力をモデル化する理論言語学の主要なアプローチを取り上げ、この認知システムを巡る諸論点を詳説し、研究指導を行う。言語能力の生得性と種固有性、領域固有性、普遍性と多様性、個体発生(言語獲得)と系統発生(言語進化)、機能構造相関論など、現代言語学の最もホットなトピックの議論を通して、言語を閉鎖孤立系ではなく、他の認知システムや自然・環境の諸相と常に触れ合っている開放系内の自律原理群として見る広い視野を養う。
研究分野 生物言語学・進化言語学・生成文法
キーワード 普遍文法、ヒト型言語器官、回帰的統語演算、併合、最適設計、言語の起源・進化、運動制御起源仮説
研究テーマ 主な研究領域は人間の言語能力の生物学的研究、とりわけその中核をなす回帰的統語演算能力(シンタクス)の仕組みと、その個体発生(言語発達、言語獲得)および系統発生(言語の起源・進化)です。シンタクスは事物を関係づけて階層構造化する能力であり、人間のあらゆる知的営みの根幹をなすものだと言えます。その研究を通してヒトのこころや知性の起源、人間の本性(Human Nature)に迫りたいと考えています。
代表的著書,論文等 Fujita, Koji & Cedric Boeckx. eds. Advances in Biolinguistics: The Human Language Faculty and Its Biological Basis. Routledge. 2016.
藤田耕司・西村義樹 編.『日英対照・文法と語彙への統合的アプローチー生成文法・認知言語学と日本語学』開拓社. 2016.
藤田耕司・福井直樹・遊佐典昭・池内正幸 編.『言語の設計・発達・進化ー生物言語学探究』開拓社. 2014.
Fujita, Koji. Recursive Merge and human language evolution. T. Roeper and M. Speas eds. Recursion: Complexity in Cognition. Springer. 2014.
藤田耕司・岡ノ谷一夫 編.『進化言語学の構築—新しい人間科学を目指して』ひつじ書房. 2012.
所属学会,その他の研究活動等 Biolinguistics editorial board
Reviewer for J. of Neurolinguistics, J. of Anthropological Sciences, Language Sciences, Interaction Studies, Frontiers in Human Neuroscience, etc.
関西言語学会運営委員・編集委員長,日本英語学会編集委員・評議委員,日本進化学会会員


[招待講演等]

生成文法は進化言語学や生物言語学にどのように貢献できるのか(または,できないか).
名古屋哲学フォーラム2017秋「言語・進化・生物:生成文法の哲学をつくる」南山大学. 2017.

人間言語はどのようにして生まれたか―併合がもたらす統語と語彙の平行進化―.
人間行動進化学会第9回年次大会基調講演. 金沢市文化ホール. 2016.

What Was the Original Function of Human Language?
JSLS 18th International Conference Invited Symposium “Communication, Thought, and Language Evolution”
The University of Tokyo. 2016.

Merge α and Superpositioned Labels.
The First International Symposium on the Physics of Language. Sophia University. 2016.

人間言語の設計原理とその起源・進化.
JR東海フォーラム「新・地球学の世紀」ハイアットリージェンシー京都. 2016.

人間言語の特質とその起源・進化.
東京で学ぶ京大の知シリーズ20「コミュニケーションを考える」京都大学東京オフィス. 2016.

併合の運動制御起源仮説.
記号創発システム調査研究会公開シンポジウム「記号創発システムによる実世界コミュニケーションの理解ヘ向けて」 ドワンゴ会議室. 2015.

生成文法と言語進化.
慶應言語学コロキアム. 慶應義塾大学. 2015.

言語進化とコミュニケーション.
日本フランス語学会シンポジウム『言語の進化とコミュニケーション』明治学院大学. 2015.

The Roots of Merge (and Merge of Roots).
Tokyo Lectures in Language Evolution. The University of Tokyo. 2015.

言語の起源・進化への生物言語学的アプローチ:統語演算能力のルーツを求めて.
「言語の脳遺伝学研究センター」キックオフ・シンポジウム. 首都大学東京. 2015.

言語進化からみた動詞句.
日本英語学会第32回大会シンポジウム『動詞句とその周辺をめぐって:語彙範疇と機能範疇の役割』学習院大学. 2014.

生成文法・生物言語学と日本語研究.
日本語学会2014年度秋季大会シンポジウム『一般言語理論と日本語研究』北海道大学. 2014.

生成文法・生物言語学の方法論.
関西言語学会第39回大会シンポジウム『言語理論と科学哲学』大阪大学. 2014.

Four Wrong Ideas in Evolutionary Linguistics.
The 10th International Conference on the Evolution of Languge (Evolang X). Vienna University, Austria. 2014.

An Overview of Generative Grammar: From Standard Theory to Minimalism.
The Biolinguistic Enterprise: Agenda, Goals and Methods.
A Merge-Only Theory of Human Language Evolution.
Lectures by Prof. Fujita. National University of Singapore. 2014.

Verbs and the Lexicon: A View from Merge-based Biolinguistics.
OKU International Workshop on Linguistics: English Middle and Beyond. Osaka Kyoiku University. 2013.

A Merge-Only Theory of Human Language Evolution: How Plausible Is It?
19th International Congress of Linguists. Université de Genève, Switzerland. 2013.

In Defense of the Merge-Only Hypothesis.
GLOW 36 Biolinguistics Workshop. Lund University, Sweden. 2013.

The Hands that Rocked the Cradle of Language.
ICREA International Symposium on Biolinguistics. University of Barcelona, Spain. 2012.

Current and Future Issues in Biolinguistics: Introduction.
The 30th National Conference of the English Linguistic Society of Japan. Special Workshop "Current and Future Issues in Biolinguistics." Keio University. 2012.

Biolinguistic Minimalism and Language Evolution.
JAIST-EELC Lecture. Campus Plaza Kyoto. 2010.

The Design, Development and Evolution of Unbounded Merge.
Recursion: Structural Complexity in Language and Cognition, University of Massachusetts, Amherst. 2009.

Action Meets Syntax: Evolingo and Biolinguistic Minimalism.
The 4th International Conference on Formal Linguistics, Beijing Foreign Studies University. 2009.

Experimental Syntax for Biolinguistics?
The 27th National Conference of the English Linguistic Society of Japan. Workshop "Experimental Syntax." Osaka University. 2009.

Recursion, Modularity, and the Evo-Devo of Language.
Biolinguistics, Acquisition and Language Evolution (BALE), University of York. 2008.

他多数
担当授業
  • 学部 言語数理情報科学入門
    言語構造論
    言語構造論演習
  • 大学院修士課程 言語構造論
    言語情報科学演習3
  • 大学院博士課程 言語情報科学特別演習
    言語科学特別セミナー
  • 全学共通科目 言語科学 II
    英語 ER・E1
経歴等 1958年大阪生まれ。1982年大阪外国語大 M.A.。
大阪府立大総合科学部助手・講師、大阪大言語文化部講師・助教授、米国MIT言語学・哲学科客員研究員、京都大総合人間学部助教授、同人間・環境学研究科助教授・准教授を経て現在に至る。
English