専攻/講座/分野 共生人間学/言語科学/言語比較論
総人学系 認知情報学
所属機関/部局
電子メール saito8haruyuki_at_yahoo.co.jp(Replace_at_with@-mark)
個人ページ
No image

Message to the prospective students

言語の歴史的研究、世界の諸言語の多様性に関心のある方を待っています。
研究分野 ゲルマン語学、トカラ語学、比較言語学
キーワード インド・ヨーロッパ語比較言語学
研究テーマ 印欧語比較言語学の方法論に基づいて、ゲルマン語と中央アジア印欧言語の一つであるトカラ語の動詞組織の共通点(具体的には印欧諸言語の北端に位置するゲルマン語の重複動詞(過去第7類)と東端に位置するトカラ語の重複動詞(過去第2類)における重複音節母音と語根母音の長母音への融合という共通点等)を中心に、近年研究の進展が著しいトカラ語研究によって得られた新しい認識を加味した印欧祖語の再建を目指しています。
代表的著書,論文等 古高ドイツ語 『ノートカー デア ドイチェ:メルクリウスとフィロロギアの結婚』(大学書林1997)
On the Origin of the Reduplicated Preterite in Tocharian: in Tocharian and Indo-European Studies 7(Copenhagen1997)
Das Partizipium im Tocharischen (Harrassowitz 2006)
歴史言語学とドイツ語史(同学社 2015)
所属学会,その他の研究活動等 日本独文学会、日本言語学会
担当授業
  • 学部 言語比較論
    言語科学基礎論
  • 大学院修士課程 言語比較論演習
  • 大学院博士課程 言語比較論特別演習
  • 全学共通科目 ドイツ語(初級・中級)
経歴等 昭和51年 3月 東京大学教養学部教養学科(ドイツ分科)卒業
昭和51年 4月 東京大学大学院人文科学研究科修士課程(言語学専攻)入学
昭和53年 3月 東京大学大学院人文科学研究科修士課程(言語学専攻)修了(人文科学修士)
昭和53年 4月 フェリス女学院大学助手(文学部)
昭和54年 4月 フェリス女学院大学講師(文学部)
昭和60年 4月 フェリス女学院大学助教授(文学部)
平成 9年 4月 フェリス女学院大学教授(国際交流学部)
平成15年 9月 ヨハンヴォルフガング・ゲーテ(フランクフルト)大学文学博士
平成16年 4月 京都大学大学院人間・環境学研究科教授
English