専攻/講座/分野 相関環境学/物質相関論/物質機能相関論
総人学系 自然科学
所属機関/部局
電子メール ueda.jumpei.5r(at mark)kyoto-u.ac.jp
個人ページ
No image
研究分野 無機科学、材料化学、固体物理学
キーワード 蛍光体、発光材料、結晶、ガラス、結晶化ガラス、希土類イオン、遷移金属イオン
研究テーマ 光子を操るフォトニクス技術で省エネルギー・低環境負荷の社会を目指すグリーンフォトニクスへ向け、固体照明用蛍光体や残光蛍光体、高効率発電のための太陽光波長変換材料等の新規光機能性材料開発の研究を行っています。具体的には、希土類イオンや遷移金属イオンを添加した酸化物結晶/ガラス等を作製し、それらの材料が放つ様々な色の発光を測定・分析し、発光/残光機構の解明、エネルギー移動効率や発光効率の高効率化を目指しています。
代表的著書,論文等 上田純平, 田部勢津久, 「波長変換用蛍光体材料―白色LED・太陽電池への応用を中心として―」 (監修: 山元明、磯部徹彦、シーエムシー出版, 2012)  第4章 太陽電池の効率向上のための波長変換材料 4.青色光から近赤外光への変換 pp.190-199.
Jumpei Ueda, Setsuhisa Tanabe and Takayuki Nakanishi, "Analysis of Ce3+ Luminescence Quenching in Solid Solutions between Y3Al5O12 and Y3Ga5O12 by Temperature Dependence of Photoconductivity Measurement", J. Appl. Phys. 110, 053102(6p) (2011). 査読有
Jumpei Ueda, Kotaro Aishima, Shoutaro Nishiura and Setsuhisa Tanabe, "Afterglow Luminescence in Ce3+-doped Y3Sc2Ga3O12 Ceramics", Appl. Phys. Express 4, 042602(3p) (2011).
Jumpei Ueda and Setsuhisa Tanabe, "Preparation and Optical Property of Glass Ceramics Containing Ruby Crystals", J. Am. Ceram. Soc. 93, pp.3084-3087 (2010).
Jumpei Ueda and Setsuhisa Tanabe, "Visible to Near Infrared Conversion in Ce3+-Yb3+ Co-doped YAG Ceramics", J. Appl. Phys. 106, 043101(5p) (2009).
所属学会,その他の研究活動等 日本セラミックス協会
応用物理学会
希土類学会
蛍光体同学会
日本化学会
担当授業
  • 学部
  • 大学院修士課程
  • 大学院博士課程
  • 全学共通科目
経歴等 学歴
2003年3月 福井県立敦賀高等学校 卒業
2007年3月 京都府立大学 人間環境学部 卒業
2009年3月 京都大学 大学院人間・環境学研究科 修士課程修了
2012年3月 京都大学 大学院人間・環境学研究科 博士課程修了

職歴
2010年4月 日本学術振興会特別研究員 DC2
2012年4月 京都大学 地球環境学堂 資源循環学廊 助教
      (兼任)人間環境学研究科 相関環境学専攻 助教
English