第一部 講演会

講演

ベル・アッベス・ネッダール(Bel Abbes Neddar)先生
アルジェリア民主人民共和国 モスタガネム大学准教授

演題

グローバル化と多言語主義

講演者の言葉

グローバル社会では英語が唯一の言語として言語コミュニケーションを
支配し、多言語活動には勝ち目がないように見える。我々は英語教育の
費用を出し、しかも我々自身の文化を犠牲にすることによって、言葉の
共同体という観念を実用の共同体という観念で置き換えてしまうのだ
ろうか?これは多言語主義の死なのだろうか、それともこれは単なる
憶測に過ぎないのだろうか?(ご講演は英語で行なわれました)

ご講演後は活発な質疑応答が行われました。

(写真をクリックすると大きな写真を見ることができます)


English