ここでは、総合人間学部、人間・環境学研究科における男女共同参画を実現するための取組をご紹介します。

  1. 授乳室
  2. 京都大学の男女共同参画関連の情報
    [2023-10-25] 臨時的託児関連費用支援制度に関する情報を追加しました.

授乳室

総合人間学部、人間・環境学研究科では令和5年8月1日より、授乳室を設置いたしました。学部、研究科の教職員・学生だけでなく、来訪者のご利用も可能です。詳しい利用方法、利用規則については以下をご覧ください 。

  1. 授乳室の場所
    人間・環境学研究科棟 1階102室(人間・環境学研究科事務室の西奥の畳敷きの部屋。職員休養室と兼用)
  2. 利用時間
    平日の9時から17時(ただし祝日、年末年始、創立記念日など事務室閉室時は使用できません)。
  3. 利用できる者
    人間・環境学研究科・総合人間学部の学生・教職員、研修員・研究生等人間・環境学研究科・総合人間学部で受け入れている者、学会・研究会等での人間・環境学研究科・総合人間学部への来訪者。
  4. 利用手続き
    利用希望者は人間・環境学研究科棟1階の人間・環境学研究科総務掛で申し出て使用開始時、終了時に利用表に記帳すること。 
     ※身分証をご提示ください。
  5. 授乳室の設備
    授乳室備え付けの物品として、電子レンジ、冷蔵庫、座布団など。洗い場は授乳室を出てすぐの事務室内
     ※おむつ等のゴミは各自お持ち帰り下さい。
  6. 利用開始
    令和5年8月1日からとする。

    総合人間学部、人間・環境学研究科では、授乳室を安心してご利用いただけるように十分配慮いたします。

京都大学の男女共同参画関連の情報

人間・環境学研究科パンフレット
English