第一部 講演会

講演

トーマス・ブフハイム(Thomas Buchheim)先生
ドイツ ミュンヘン大学(LMU)教授

演題

こころをばなににたとへんー「翼の付いた戦車の動力」(プラトン)と「手のように」(アリストテレス)

ご講演の概要

こころは誰もが持っているものですが、それがいかなるものであるかはいまだ科学的に十分な仕方で解明されているとは言えません。しかし、古来から洋の東西を問わず、こころはその本質を把握しようとする人々によって様々なものに譬えられてきました。
本セミナーでは、西洋におけるその古典的な事例、すなわちこころをめぐってプラトンとアリストテレスが案出した比喩について、その要点をどなたにでも解りやすくーとはいえ議論の水準を不必要に下げるようなことはせずにーお話し頂きました。

ご講演のビデオ

京都大学オープン・コースウェア(OCW)でご講演のビデオが
公開されています。ぜひご覧下さい。

         

セミナーの様子

(写真をクリックすると大きな写真を見ることができます)

第二部 懇親会


English