第一部 講演会

講演

ジェラール・コクレル(Gérard Coquerel)先生
フランス ルーアン大学教授

演題

ノルマンディー:大学における歴史的事実と教育制度

講演者

ジェラール・コクレル先生は、フランスの古都ルーアン生まれの生粋のノルマンディー人です。ご研究は、19世紀の天才ルイ・パスツールの流れを汲み、綿々と続く結晶化学の後継者として、これまでEU諸国とアメリカを舞台に活躍してこられました。現在はアジアも視野に入れて活躍の場を広げておられます。

講演内容

コクレル先生の故郷ノルマンディーの歴史と文化、そして母校ルーアン大学の歴史とフランスの教育制度の変遷についてお話し頂きました。

ご講演のビデオ

京都大学オープン・コースウェア(OCW)でご講演のビデオが公開されています。ぜひご覧下さい。

         

セミナーの様子

(写真をクリックすると大きな写真を見ることができます)

第二部 懇親会


English