講師

Monika Steffen(モニカ・ステファン)先生(フランス国立科学研究センター、グルノーブル大学、人間・環境学研究科 客員教授)

演題

The French Social Model: The Case of the Safety Net for Healthcare

講演内容

ステファン先生のご専門は福祉政策の国際比較研究であり、学術的知識を用いた社会貢献も熱心に行なっておられます。今回のセミナーでは、フランスにおける社会保障政策の規範的基礎についてお話し頂きました(ご講演は英語で行なわれました)。
フランスでは2000年の法律で、「普遍的な医療の提供」のための国による統一的スキームを制定し、以前は地方政府ごとに運営されていた旧来の体制を現代化しました。講演では、なぜ、どのようにして法律が成立したか、スキームの機能はどのようなものか、そしてその結果として起こった社会的援助から完全な法的権利への転換を分析して頂きました。

ご講演のビデオ

京都大学オープン・コースウェア(OCW)でご講演のビデオが公開されています。ぜひご覧下さい。

セミナー/懇親会の様子:

(写真をクリックすると大きな写真を見ることができます)

monika_steffen_01 monika_steffen_03 monika_steffen_02
monika_steffen_06 monika_steffen_04 monika_steffen_05
monika_steffen_07 monika_steffen_08 monika_steffen_09
monika_steffen_10 monika_steffen_11 monika_steffen_12
English