講師

Steffi Richter(シュテフィ・リヒター)先生(ドイツ・ライプチヒ大学教授、人間・環境学研究科 客員教授)

演題

三木清『現代学生と思想の貧困』-思考の悲しみと歓喜(Sadness and Joy of Thought)

講演内容

京都学派・西田哲学の左派の思想家として知られている三木清が80年前に書いた『現代学生と思想の貧困』という記事を出発点として、今日の「現代」と「思想」の関わり合いを、リヒター先生と参加者が一緒に考えました。さらに、二十歳で(1969年に)自ら命を絶った高野悦子と彼女の日記『二十歳の原点』についても議論が行われました。

セミナー/懇親会の様子:

(写真をクリックすると大きな写真を見ることができます)

English