講師

Prof. Mustafizur Rahman(ムスタフィズール・ラハマン先生)

(バングラディシュ・ダッカ大学教授、大学院人間・環境学研究科客員教授)

演題

A Journey through Bangladesh

講演内容

ラハマン先生のご専門は有機化学ですが、この度のご講演では先生の母国のバングラデッシュの歴史、自然、文化などについての幅広い内容を豊富な写真と、楽しい逸話とともにご紹介いただきました。タイトル通り、まさにバングラデシュを旅したかのような壮大なご講演でした(ご講演は英語で行われました)。

セミナー/懇親会の様子:

(写真をクリックすると大きな写真を見ることができます)

 
 
KYOTO UNIVERSITY 125th 国際ガラス年 2022 新型コロナウイルスへの対応について
English
国際ガラス年 2022