2006年11月23日(木・祝)と24日(金)の2日間、人間・環境学研究科および総合人間学部の留学生28名(修士9名、博士7名、研究生11名、科目等履修生1名)と教職員4名の計32名が参加して、広島および安芸の宮島方面への研修旅行が実施されました。世界遺産に登録されている広島平和記念公園の原爆ドーム、同じく世界遺産に登録されている安芸の宮島の見学に加えて、マツダミュージアムの見学や広島風お好み焼き体験など、充実した研修内容でした。留学生は、日頃の勉強のストレスを一瞬だけ(?)忘れて、楽しい2日間を過ごすことができました。

広島、平和記念公園

(写真をクリックすると大きな写真を見ることができます)

安芸の宮島

(写真をクリックすると大きな写真を見ることができます)

マツダミュージアム

(写真をクリックすると大きな写真を見ることができます)

広島風お好み焼き体験

(写真をクリックすると大きな写真を見ることができます)


English