2008年11月21日(金)と22日(土)の2日間、人間・環境学研究科の留学生29名(修士19名、博士6名、研究生等4名)と教職員5名の計34名が参加して、倉敷・琴平・高松・鳴門方面への研修旅行が実施されました。留学生は、日頃の勉強のストレスを一瞬だけ(?)忘れて、楽しい時間を過ごすことができました。

(写真をクリックすると大きな写真を見ることができます)

京大正門前から出発 サービスエリアにて サービスエリアにて 落ち着いた倉敷のたたずまい
なまこ壁の町並み 旧家と紅葉 アイビースクエアにて 瀬戸大橋を渡って四国へ
金刀比羅宮の登り口 まだ序の口 しあわせさん、こんぴらさん 御本宮に到着
奥社を目指して 奥社に到着 階段の数 奥社から見る素晴らしい讃岐平野の眺め
宿舎の琴参閣 大広間での夕食 宿舎のロビーで 栗林公園と紫雲山
秋の風情 鯉と戯れる さぬきうどんの昼食 美しい鳴門の海
「渦の道」で 小さくても渦 大鳴門橋 明石海峡大橋

KYOTO UNIVERSITY 125th 国際ガラス年 2022 新型コロナウイルスへの対応について
English
国際ガラス年 2022