2009年11月23日(月・祝)と24日(火)の2日間、人間・環境学研究科と総合人間学部の留学生28名(修士14名、博士9名、研究生3名、交換留学生2名)と教職員4名の計32名が参加して、姫路城・城崎・天橋立・舞鶴方面への研修旅行が実施されました。幸い好天に恵まれ、留学生は、日頃の勉強のストレスを一瞬だけ(?)忘れて、楽しい時間を過ごすことができました。

(写真をクリックすると大きな写真を見ることができます)

サービスエリアにて お城をバックに記念写真 美しい姫路城 狭間(さま)からの黄葉
忍者現れる! 「皿屋敷」お菊井戸 寒桜と紅葉 どのアングルから見ても美しいお城
天守閣からの眺め 姫路名物おでん定食 好古園入り口 美しいお庭
晴天に映える紅葉 秋の風情 大人気だったガイドさんと コウノトリの郷公園の前で
幸いたくさんのコウノトリが見られました 美しいコウノトリの姿 宿のブルーきのさき 大広間で夕食
無口になってカニを食べる 宿のロビーにて 天橋立 元伊勢 籠神社にて 日本三景の一つ天橋立
股のぞき かわらけ投げの輪 傘松公園にて 天橋立の昼食
舞鶴赤れんが博物館 赤れんが博物館の展示 れんが積みを経験 引揚記念館にて
引揚記念館の展示 平和への祈りを込めて 帰りのバスで

English