2018年11月22日(木・休講日)と23日(金・祝日)の2日間、人間・環境学研究科と総合人間学部の留学生27名(学部生1名、研究生5名、修士12名、博士後期9名)と教職員2名の計29名が参加して、和倉および金沢方面へ行って来ました。九谷焼絵付け体験、旅館滞在、兼六園や金沢城公園の見学等、参加者は日頃の研究のストレスを一瞬だけ忘れて(?)、楽しい時間を過ごすことができました。

(写真をクリックすると大きな写真を見ることができます)

「ゆのくにの森」の入口で 美しい紅葉 九谷焼の館 九谷焼絵付け体験
九谷焼絵付け体験 紅葉をバックに みんなで昼食 全国各地の風鈴
なぎさドライブウェイは閉鎖 荒れる日本海 強風で吹き飛ばされそう 滞在したホテル海望
夕食は大広間で 和倉湾の朝 旅館の前で 兼六園で
兼六園(ことじ灯籠) 兼六園(雪吊り) 兼六園の紅葉 地面の紅葉
落ち葉の掃除 ひがし茶屋街 金沢城公園(五十間長屋) 金沢城公園(菱櫓から外を望む)
KYOTO UNIVERSITY 125th 国際ガラス年 2022 新型コロナウイルスへの対応について
English
国際ガラス年 2022