6月13日に、特別シンポジウム「パレスチナ問題とユダヤ人の起源」を開催します。

2010年06月04日掲載

シリーズ:パレスチにおける共生の未来を考える

特別シンポジウム

パレスチナ問題と
   ユダヤ人の起源

 ~神話の歴史化に抗して~

基調講演1
 板垣雄三 東京大学名誉教授
  考え方の組み換えを争う場としてのパレスチナ問題
基調講演2 (英語 日本語逐次通訳あり)
 シュロモ―・サンド テルアビブ大学教授
  ザ・ヒストリアン ~記憶から神話へ~

パネル・ディスカッション
 板垣雄三 × シュロモー・サンド × 広河隆一
  司会 岡 真理 京都大学 大学院人間・環境学研究科教授

日時:2010年6月13日(日)午後1時~5時(12時半開場)
会場:京都大学 吉田南キャンパス 人間・環境学研究科棟
    地下大講義室(定員 200名 先着順)
入場:無料
◇交通アクセス・キャンパスマップはこちらをご覧下さい。

主催:京都大学大学院人間・環境学研究科 岡真理研究室
共催:京都大学大学院人間・環境学研究科 学際教育研究部/京都大学イスラーム地域研究センター
  Days Japan/広河隆一事務所
問合せ:tel/fax 075-753-6641(岡研究室) 
e-mail:PJ21kyoto*gmail.com(*を@に変えてください)

English