【環on映画会】第25回『アレクセイと泉』を5月27日(金)に開催します。

2011年05月16日掲載

【環on映画会】第25回『アレクセイと泉』
・案内人 :岡真理先生 (現代アラブ文学)
・上映日 :2011年5月27日(金) 17:30開始(17:15受付)
・上映映画: 『アレクセイと泉』
  ( 本橋成一監督 2002年 104分)
・テーマ:大地にとって人間とは何か
・あらすじ:
ベラルーシの、森に囲まれた小さな村。
住民たちは毎日、幾度も、泉に水を汲みに訪れる。
チェルノブイリ原発の事故により、風下に位置していたその村は放射能に汚染され、
住民たちの多くが街に退去した。
だが、老人たちは村を去らなかった。
冬が来て、春が来て、夏が来て、りんごが実り、ジャガイモが実る。
そこにある人間の暮らし、過去からずっと続いてきた生活、人間が「生きる」ということ。
だが、その「生きる」は未来に引き継がれない。
彼らがすべて死に絶えた時、この大地だけが残るだろう。
冬が来て、春が来て、夏が来て、泉の水は湧き続けるだろう。
大地は覚えているだろうか、そこにこの地を愛した人間たちがいたことを。。。。

参加無料:事前申し込み不要です。お気軽にお立ち寄りください。
※ペットボトルや水筒などの蓋の閉まる飲み物は持ち込みが可能です。
食べ物はご遠慮ください。

waon_25_outlined.jpg

(↑この画像からフルサイズのポスターにリンクしています)

「環on(わおん)とは」
「創造と学習の場」をコンセプトとして、アカデミックなコミュニケーションのためにつくられた“話せる図書館”、それが環onです。
毎月1回案内人を招いて映画会を開いています。

お問い合わせは、人環・総人図書館
075-753-6537
またはwa-onicon_atmark.gifmail2.adm.kyoto-u.ac.jp
まで。
人環・総人図書館ホームページ:
http://www.kulib.kyoto-u.ac.jp/heslib/index.html
環on ホームページ:
http://www.kulib.kyoto-u.ac.jp/heslib/wa-on/eigakai.html
 環onの場所はこちら

English