3月17日(土)に「庭とコミュニティー」シンポジウム ~3.11後に風雅を考える~を開催いたします (学際教育研究部)

2012年02月09日掲載

長浜市 京都大学人間・環境学研究科連携交流事業
「庭とコミュニティー」シンポジウム

自然を友とするというのが風雅の基本ですが、そこには何らかのかたちで
無常観が含まれます。
昨年、東北を襲った震災ののちに、あらためて風雅の意味を問いたいと思います。

2012年3月17日(土) 13:30~17:00
長浜市曳山博物館 伝承スタジオ
(長浜市元浜町14-8) Tel:0749-65-3300
参加無料(事前登録不要)

プログラム

13:00 受付開始
13:30 開会 挨拶
     冨田恭彦(京都大学大学院人間・環境学研究科長)
     藤井勇治(長浜市長)
13:50 基調講演:奥の細道まぶさびヴァージョン
     篠原資明(京都大学人間・環境学研究科教授)
14:10 対談:3.11後に風雅を考える
     鷲田清一(大谷大学文学部教授・大阪大学前総長)
     篠原資明(京都大学人間・環境学研究科教授)
15:45 報告
     中嶋節子(京都大学人間・環境学研究科准教授)
     「長浜庭園調査からまちづくりへ」
16:45 閉会


gakusai_20120317.jpg

(↑この画像からPDFのポスターにリンクしています)

お問い合わせ先
 長浜市役所 企画広報課 Tel:0749-65-6505
 メール:kikakuicon_atmark.gifcity.nagahama.lg.jp
 

English