平成25年1月5日(土)に新春アート大講演会「美意識の変容」を開催します。

2012年12月21日掲載

精神分析と美術と哲学から問いかける講演会とシンポジウム「美意識の変容」を開催します。同時に作品展示「美意識の変容/無意識の物語」を行います。

講演:
 新宮一成「フロイトは何を見ていたのか」
 鷲田清一「芸術におけるなもの?」
 建畠 晢「草間彌生の世界―オブセッションと救済―」
作品展示協力:
 石橋義正、伊東宣明、井上明彦、岡田彩希子、奥村里菜、
 倉知敬子、高橋 悟、南條沙歩、林 剛、前谷康太郎、前田菜月ほか
日時:
 平成25年1月5日(土) 午後1時~5時30分(展示は6時30分)
会場:
 大阪市中央公会堂(大阪市北区中之島1-1-27)
  ホームページ: http://osaka-chuokokaido.jp

主催:
 京都大学大学院人間・環境学研究科 新宮研究室
 精神医学的精神分析学プロジェクト
連絡先:
 京都大学大学院人間・環境学研究科 新宮研究室
 電話:075-753-2914 Fax:075-753-2980
 申込制となっておりますが、席に余裕があれば当日も受け付けます。
 (先着順)
 申し込みフォームを含めて、詳細は
     新宮研究室のホームページをごらんください。
 

English