4月11日(木)第42回国際交流セミナー「ロシアにおける科学の歴史とモスクワ国立大学」を開催します。

2013年03月19日掲載

人間・環境学研究科 第42回国際交流セミナーを開催します。
専門の異なる院生、教員の皆さんも奮ってご参加下さい。懇親会のみの参加も歓迎致します。
なお、今回のセミナーより、ご講演の内容は後日、京都大学OCWにてビデオ配信致します。
42.jpg

※画像をクリックしていただくと、ポスター(PDF版)が開きます

演題: 「ロシアにおける科学の歴史とモスクワ国立大学
(History of Science in Russia; Place of Moscow State University)
日時: 2013年4月11日(木)
    18:15-19:30(講演会)
    19:40-20:40(懇親会)
場所: 人環棟2階233演習室
講演者:Andrey Vorobiev先生(ロシア・モスクワ国立大学化学科教授)
周期表を発見した化学者メンデレーエフを生み出したロシア。そのロシアにおける科学と大学の始まりがどのようなものであったかについて、文化的背景、地理的な条件、さらに西欧文化の影響と絡めてお話し頂きます。さらに、ロシア科学界の長所と短所を踏まえながら、今後の基礎科学と応用科学の展望についてお話し下さる予定です(ご講演は英語で行われます)。

English