フランス人間科学研究財団主催、学際教育研究部共催「ナショナリズム」に関するワークショップを10月24日(木曜日)(開始時間16時に変更)人間・環境学研究科棟にて開催します。

2013年10月22日掲載

「ナショナリズム」に関するワークショップ

日時:2013年10月24日(木曜日) (変更)開始時間16時00分~になりました 14時00分~17時00
場所:人間・環境学研究科J233 ゼミ室
企画:フランス人間科学研究財団
共催:人間・環境学研究科 学際教育研究部

◇参加者と話題
Pierre Birnbaum
  政治学者、パリ第一大学名誉教授
“Nationalisme, États et Religion : vers la comparaison”
「ナショナリズム、国家と宗教:比較に向けて」

Shigeki Tominaga (富永 茂樹)
 社会学者、京都大学人文科学研究所教授
“Honneur, démocratie et nationalisme”
「名誉、民主制およびナショナリズム」

Jane Cobbi
 人間科学研究財団日本研究部長、民族学者
“Regards français sur l’Est asiatique”
(東アジアをみるフランスからの視線)

Yusuke Inenaga(稲永祐介)
 政治学・社会学 PD、EPHE / CNRS-GSRL
“Généalogie des études sur le nationalisme : le sentiment national et la haine pour la différence”
(ナショナリズム研究の系譜:国意識と差別の忌避)

◇開会または閉会の言葉
Makiyo Hori(堀 真清)
 政治学・歴史学, 早稲田大学
“Le double aspect du nationalisme au Japon”
(日本におけるナショナリズムの二つの様相)

◆Pierre Birnbaum 氏の著作の翻訳書◆
P.ビルンボーム 『現代フランスの権力エリート』日本経済評論社 1988
P.ビルンボーム 『国家の歴史社会学』日本経済評論社、1990

English