沖縄研究奨励賞が瀬戸口教授(生物学)に授与されました

2013年02月14日掲載

公益財団法人 沖縄協会は、第34回沖縄研究奨励賞を瀬戸口浩彰教授(生物学)に贈呈しました。受賞の題目は「琉球列島における植物の系統進化と遺伝構造の研究」です。琉球の固有植物種に関する研究をこれまでに数多くの国際誌で発表しており、その研究成果が沖縄の自然の価値を高め、世界自然遺産などへの指定を目指す上でも貴重な寄与をしていること、ならびに絶滅危惧植物の保全に関わるなど地域社会にも貢献していることが評価されました。1月24日に那覇で贈呈式と記念講演、祝賀会が行われました。
 総合人間学部と人間・環境学研究科の自然科学系分野では、高いレベルでサイエンスを推進するとともに、人と自然の調和を目指す研究が行われています。今回の受賞は当部局の研究活動の一環が評価されたものです。

瀬戸口教授 沖縄研究奨励賞

贈呈された賞状. 漆塗りに螺鈿細工の装飾が施されています.

English