「第34回光がかかわる触媒化学シンポジウム」にてポスター賞を2賞受賞

2015年07月14日掲載

 平成27年6月19-20日に東京工業大学蔵前会館にて行われた「第34回光がかかわる触媒化学シンポジウム」において、相関環境学専攻 物質相関論講座 吉田寿雄研究室の松本智也さん(修士課程1回生)、和田江美子さん(博士課程2回生)らがポスター賞を2賞受賞しました。
 発表内容は「芳香族アミンとカルボニル化合物を用いた光触媒的な環化反応」と、「酸化チタン光触媒によるアルカンの直接的シアノメチル化反応」 です。
(ポスターをクリックするとPDFが開きます)

2015.7.14_1.jpg 2015.7.14_p2.jpg
2015.7.14_2A.jpg
2015.7.14_p1.jpg
English