物質機能相関論分野 折笠 有基 助教が「電気化学会電解科学技術委員会工業電解奨励賞」を受賞しました。

2015年11月16日掲載

 折笠 有基 助教が「電気化学会電解科学技術委員会工業電解奨励賞」を受賞しました。この賞は、電解技術に関する研究を進め、工業電解に関してこれから発展の期待される若手の研究者を表彰するものです。折笠助教は水電解反応機構および燃料電池の材料解析で顕著な成果を挙げ、表彰されました。
 政府のエネルギー基本計画の中に、水素社会実現へ向けた取り組みの加速が明記されています。効率よく水素を製造するための水電解法、およびクリーンで高効率な発電システムを有する燃料電池は、水素社会のキーデバイスであり、わが国では定置用燃料電池(エネファーム等)、燃料電池自動車の実用化へいち早く成功し、世界をリードする技術の更なる躍進が求められています。折笠助教は水電解・燃料電池の基礎的な反応機構を明らかにするその場測定手法を開発し、水素社会実現を加速させるデバイス高性能化への指針を与えました。2015年11月5日に山梨大学にて開催された電解技術討論会にて表彰式および受賞講演が行われました。
20151111_orikasa_1.jpg

English