小西賢吾さん(文化人類学分野修了、現金沢星陵大学講師)が第5回地域研究コンソーシアム賞・登竜賞と2015年度比較文明学会研究奨励賞(伊東俊太郎賞)の二つの賞を受賞しました。

2015年11月18日掲載

 共生文明学専攻 文化・地域環境論講座文化人類学分野を修了した小西賢吾さんが、第5回(2015年度)地域研究コンソーシアム賞・登竜賞及び2015年度比較文明学会研究奨励賞(伊東俊太郎賞)の二つの賞を、著書『四川チベットの宗教と地域社会:宗教復興後を生きぬくボン教徒の人類学的研究』(風響社2015年)にて受賞しました。
 小西さんは、著書において、改革開放後の四川省のチベット社会における宗教実践の復興と存続の諸相を僧職者側と世俗側の双方から解き明かしまとめられました。地域研究コンソーシアム賞登竜賞からは、とくに、宗教実践の活性化の諸相について、いかなる要素が人々を宗教に巻き込みつなぎ止めるのかという点からのアプローチが独創的であると評価されました。
●地域研究コンソーシアムのホームページhttp://www.jcas.jp/index.html

English