物質機能相関論分野の学振特別研究員RPD片山裕美子さん(H26年博士課程修了)が第32回(2015年度)井上研究奨励賞を受賞しました

2016年01月07日掲載

 物質機能相関論分野・田部研究室のRPD片山裕美子さん(H26年3月人間・環境学研究科博士課程修了、H21年総合人間学部卒)が、博士論文「希土類または遷移金属イオンを添加した量子切断および残光蛍光体における光物性および光電流特性に関する研究」により第32回(2015年度)井上研究奨励賞を受賞しました。
 この賞は、理学、医学、薬学、工学、農学等の広く自然科学分野において過去3年の間に優れた博士論文を提出した若手研究者を顕彰するモノです。
 井上科学振興財団は毎年4~9月に全国の関係235大学長に候補者の推薦を依頼、今年は129件の推薦から同財団選考委員会における選考を経て、12月に40件が採択されました。2016年2月4日に東京で贈呈式が行われます。
井上科学振興財団のホームページ

English