仲間 絢さんが第9回京都大学たちばな賞「優秀女性研究者奨励賞」を受賞しました

第9回京都大学たちばな賞「優秀女性研究者奨励賞」(学生部門)を仲間 絢さん(人間・環境学研究科 博士課程3年)が受賞しました。研究テーマは『バンベルク大聖堂彫刻群と「雅歌」の花嫁神秘主義』です。
平成29年3月3日(金曜日)に表彰式が開催されました。
 
(京都大学たちばな賞とは)本学における若手の女性研究者の優れた成果を讃える制度として、人文・社会科学または自然科学の各分野において、優れた研究成果を挙げた若手の女性研究者を顕彰し、当該若手女性研究者およびこれに続く若手女性研究者の研究意欲を高め、本学、さらには我が国の学術研究の将来を担う優れた女性研究者の育成等に資することを目的に創設されました。
 詳細については、『第9回京都大学たちばな賞』のページをご覧ください。

English