博士後期課程2回生の丁在瑛さん(藤田健一研究室)が第10回CSJ化学フェスタ2020で優秀ポスター発表賞を受賞しました

相関環境学専攻 分子・生命環境論講座の博士後期課程2回生の丁在瑛さん(藤田健一研究室)が第10回CSJ化学フェスタ2020において優秀ポスター発表賞を受賞しました。ポスター発表のタイトルは「イリジウム触媒を用いる環境調和性に優れたジメチルアミン誘導体の合成反応」でした。CSJ化学フェスタは、1)最先端の化学と化学技術に関する産学官の交流深耕による化学、化学技術及び産業の発展への寄与とイノベーション強化、2)化学の成果と未来に向けた化学の貢献努力の社会への発信という二つの趣旨のもと、公益社団法人日本化学会が主催し、毎年行われています。

研究概要:「イリジウム触媒を用いる環境調和性に優れたジメチルアミン誘導体の合成反応」
ジメチルアミン誘導体は、天然物や生理活性物質に頻繁に見出され、医薬、農薬、材料等に至るさまざまな分野で応用されている重要な化合物群です。ジメチルアミン誘導体の従来の合成法の多くは、選択性が低い、毒性試薬を使用する、多量の有害廃棄物が発生するなどといったもので、環境負荷が大きいという難点がありました。本研究では、含窒素複素環カルベン配位子を持つイリジウム触媒を用い、ジメチルアミン水溶液とアルコールを原料とする新しいN-アルキル化反応を見出しました。これにより、環境調和性に優れ、応用範囲の広いジメチルアミン誘導体の合成法へと発展させることに成功しました。

丁在瑛さん 優秀ポスター発表賞 賞状

English