博士後期課程1回生の小野田光貴さん(藤田健一研究室)が第10回CSJ化学フェスタ2020で優秀ポスター発表賞を受賞しました

相関環境学専攻 分子・生命環境論講座の博士後期課程1回生の小野田光貴さん(藤田健一研究室)が第10回CSJ化学フェスタ2020において優秀ポスター発表賞を受賞しました。ポスター発表のタイトルは「イリジウム錯体触媒を用いた含窒素複素環上のメチル基におけるアルコールによるアルキル化反応」でした。CSJ化学フェスタは、1)最先端の化学と化学技術に関する産学官の交流深耕による化学、化学技術及び産業の発展への寄与とイノベーション強化、2)化学の成果と未来に向けた化学の貢献努力の社会への発信という二つの趣旨のもと、公益社団法人日本化学会が主催し、毎年行われています。

研究概要:「イリジウム錯体触媒を用いた含窒素複素環上のメチル基におけるアルコールによるアルキル化反応」
含窒素芳香族化合物やその誘導体は、薬剤や天然物、またその合成中間体として有用な物質です。これらの物質にアルキル基を導入する反応の開発は重要ですが、その難易度は高いため、一般性広く実現することは困難でした。本研究ではアルキル化剤としてアルコールを用い、イリジウム錯体触媒による含窒素芳香族化合物のアルキル化反応について調査しました。その結果、非常に一般性広く含窒素芳香族化合物のアルキル化を達成しました。また、本触媒反応系において、目的生成物以外の副生成物は無害の水のみであることも特徴です。

小野田光貴さん 優秀ポスター発表賞 賞状

English