朱星さん(2020年3月博士後期課程修了 吉田寿雄研究室)らの論文がDalton TransactionsのHOT Articlesに選出されました

朱星さん(相関環境学専攻 物質相関論講座 吉田寿雄研究室 2020年3月 博士後期課程修了)らによる共著論文が王立化学会(Royal Society of Chemistry)の論文誌「Dalton Transactions」のHOT Articlesに選出されました.

Xing Zhu, Akira Yamamoto, Hisao Yoshida
"Alkali hexatitanate photocatalysts with various morphologies for selective reduction of carbon dioxide with water"
Dalton Trans., 50 (2021) 7976-7983 [DOI: 10.1039/D1DT00922B]

参考: Dalton Transactions HOT Articles (RSC Publishing Web Site)

研究の概要 "Alkali hexatitanate photocatalysts with various morphologies for selective reduction of carbon dioxide with water"
太陽光と光触媒を使ったCO2の還元反応は,環境問題の解決に貢献する人工光合成技術として注目を集め盛んに研究されています.本研究では,光触媒的CO2還元反応のための光触媒の開発の一環として,結晶合成に適しているといわれるフラックス法という方法でいくつかのチタン酸塩の微結晶を合成し,最も高性能であったチタン酸カリウムについてさらに詳細を調べ光触媒性能を評価しました.本研究によって,最適条件で合成したチタン酸カリウムは適度な大きさの微結晶からなり,長時間安定的にCO2を高効率に還元できることが確認されました.この研究成果は,高性能光触媒の開発において一つのヒントを与え,今後の光触媒の研究開発に大きく貢献するものです.この成果をまとめた論文が,このたび上記の通り,Dalton TransactionsのHOT Articlesに選出されました.

English