人間の思想・行動・感情等の表現形態の考察

人間がその思考・行為・感情をいかに表現してきたかを思想的・芸術的・文学的視点から具体的に検証しながら、「人間とは何か」という人間存在の根本的な問題を問い直し、人間相互の、そしてまた人間とそれらを取り巻く環境との間の共生のあり方を探究するための教育研究を行う。

研究分野

人間存在論 安部 浩 教授, 佐藤 義之 教授, 冨田 恭彦 教授, 戸田 剛文 准教授
創造行為論 岡田 温司 教授, 桒山 智成 准教授, 武田 宙也 准教授
文芸表象論 奥田 敏広 教授, 廣野 由美子 教授, 水野 尚之 教授, 小島 基洋 准教授
人間存在論分野
「自他の生成と共生の原理」などの人間存在の根本的問題を自己存在論、認識人間学、人間実践論といったテーマを中心に講究する。
  • 安部 浩 教授

    西洋現代哲学を研究しています。主な対象は体系的な観点から言うなら、存在論や実存哲学などであり、史的観点より見れば、前世紀ドイツの哲学者、M.ハイデガーの思想を中心とした、現象学および解釈学の流れを汲む諸思想です。同時に、環境倫理学の古典である『責任という原理』で知られるH.ヨナスを初め、環境思想も研究しています。

  • 佐藤 義之 教授

     私はメルロ=ポンティ、レヴィナスなどのフランス現象学を中心として研究を続けてきました。現在は、英米系の哲学や、心理学等の経験科学の知見も批判的に取り入れながら、知覚、倫理、感情の現象学的研究をもっぱら行なっています。

  • 冨田 恭彦 教授

     もともと理系男子だったのですが、紆余曲折があって、哲学を専攻することになりました。人間とそれを取り巻く世界に関わることならどんなことにも関心があり、特に科学哲学、言語哲学、西洋精神史を中心に研究を進めています。

  • 戸田 剛文 准教授

    いろいろな哲学の問題が、どのような構造をもっていて、社会やほかの文化とどのように関連し、時代とともにどのように変化してきたのかを通時的にとらえることで、世界のありようを考えたいと思っています。


創造行為論分野
「間」の探究等を通して、西洋および日本の美学、芸術思想、芸術史研究を中心に人間の創造行為を探究する。
  • 岡田 温司 教授

    美術史、美学、思想史、芸術学。主にイタリアを中心とした西洋の美術、芸術、思想の歴史。

  • 桒山 智成 准教授

    イギリス演劇研究。特にシェイクスピアの劇作術研究、シェイクスピア作品の翻案研究(映画、バレエ、ミュージカル)。

  • 武田 宙也 准教授

    美学・芸術学。とりわけ、現代アートおよびフランス・イタリアを中心とした現代思想。


文芸表象論
近現代の英米文学、およびドイツ文学・思想などのテキスト考証を通して、文芸表象の諸問題を探求する。
  • 奥田 敏広 教授

    トーマス・マンなどのドイツ語圏の文学を中心に、「近代」の生み出した「反近代」という問題、すなわち、それらにおける神話と伝説を解体しつつ利用する物語という近代的形式や、宗教に代わりエロスを究極の救済とする近代芸術における愛の有り様という問題をテーマとしています。近年は特に中世伝説の近代の物語への変容について研究しています。

  • 廣野 由美子 教授

    小説の語りの方法や構造、言語を分析する内在的アプローチと、さまざまな批評理論を援用した外在的アプローチとの両面から、小説とは何かという根本的な問題を探究している。主たる研究領域は、ジェイン・オースティン、ブロンテ姉妹、ディケンズ、サッカレー、ジョージ・エリオット、ハーディなどの19世紀イギリス小説。(主要著書:『謎解き「嵐が丘」』『批評理論入門』『一人称小説とは何か』『ミステリーの人間学』ほか)

  • 水野 尚之 教授

    19世紀後半から20世紀にかけて創作した小説家たちーー特にヘンリー・ジェイムズ、イーディス・ウォートンーーの作品を研究している(アメリカ文学研究)。ニューヨークやボストンといったアメリカの都市と文学との関わりを考察している(アメリカ研究)。

  • 小島 基洋 准教授

    アイルランド作家James Joyceの作品を読み解いています。文学が最も革新的だった時代の最も革新的な作家です。 Dubliners(1914), A Portrait of the Artist as a Young Man(1916), Ulysses(1922), そしてFinnegans Wake(1939)の言葉を丹念に追いながら、言語芸術の極限を跡付けていきたいと思っています。


English