自然言語の構造と機能の解明

人間はコミュニケーションを通して共に生きる。このコミュニケーションの基本的なプロセスとメカニズムを言語科学的に解明することを目指し、言語情報の伝達や談話の構築の構造をふまえて言語の諸機能や推論・判断・認知のメカニズムを解明するとともに、言語体系の法則性や言語変化のメカニズムを比較言語学的に明らかにするための教育研究を行う。

研究分野

言語情報科学 谷口 一美 教授, 東郷 雄二 教授, 藤田 耕司 教授
言語比較論 河﨑 靖 教授, 齋藤 治之 教授, 壇辻 正剛 教授, 服部 文昭 教授, 南條 浩輝 准教授
言語情報システム論分野 ※連携機関:
独立行政法人 情報通信研究機構 ユニバーサルコミュニケーション研究所
言語情報科学分野
言語情報の伝達・談話の構築と概念化・認知プロセスといった言語の機能と認知のメカニズムを解明する。
  • 谷口 一美 教授

    言語現象が認知的・心理学的作用と深い相互作用にあるとみなす、「認知言語学」の立場から研究を行っている。特に、英語や日本語の文法構文の成立を事態概念・事態解釈の観点から分析する「認知文法」や「構文文法」、メタファーやメトニミーといった比喩的意味拡張のメカニズムを探求する「認知意味論」の分野で、幅広く言語事象の分析を行っている。近年は特に、英語の動詞の自他交替および中間動詞構文の成立について、こどもの言語習得のプロセスから観察を行っている。

  • 東郷 雄二 教授

    フランス語を中心とする言語研究、とくに最近は語用論・意味論にかかわる言語現象を、話し手と聞き手を組み込んだ談話モデルという心の理論を用いて解明しようとしている。言語は自立的システムなどではなく、心の構築を基盤として働いていることを明らかにしたい。

  • 藤田 耕司 教授

    主な研究領域は人間の言語能力の生物学的研究、とりわけその中核をなす回帰的統語演算能力(シンタクス)の仕組みと、その個体発生(言語発達、言語獲得)および系統発生(言語の起源・進化)です。シンタクスは事物を関係づけて階層構造化する能力であり、人間のあらゆる知的営みの根幹をなすものだと言えます。その研究を通してヒトのこころや知性の起源、人間の本性(Human Nature)に迫りたいと考えています。


言語比較論分野
言語体系の法則性・言語変化のメカニズムを探る方法論に関する言語学の諸問題を講究する。
  • 河﨑 靖 教授

    印欧語の世界を視野において、ことばの普遍性・体系性を明らかにすることを目標とする。言語学の諸分野(音論・形態論・統語論等の諸領域)を対象に言語体系の普遍的な法則性を探るべく通時的共時的考究を進める。ことばの諸相を考究することによって多様性の背後に見え隠れする言語の普遍的特質を探り言語の本質に迫る。

  • 齋藤 治之 教授

     6~8世紀中央アジアで使用された印欧語族のトカラ語は従来の印欧祖語の姿に修正を迫る種々の言語事実を明らかにしている。私の研究テーマは印欧諸語の歴史・比較のみならず、近年研究の進展が著しいトカラ語の研究からもたらされた新しい認識をも考慮に入れた印欧祖語の音韻・形態・統語・語彙における新しい再建である。

  • 壇辻 正剛 教授

    専門は言語学で、特に言語の音声面を研究する音声学や、言語学で得られた知見を教育などの分野に適用する応用言語学を研究しています。それに伴って、「言葉と文化」や「言語と社会」、「言語と歴史」などコトバに関連するより広い領域での考察を進めています。特定の言語に見出される特徴である言語依存性の問題や、多くの言語に共通して観察される言語普遍性の問題なども研究のテーマにしています。また、研究室の置かれている環境から、マルチメディアやICT(情報通信技術)の特性を利用したコンピュータ支援型の言語学習(CALL)や e-ラーニング等による外国語教育の新しい可能性についても模索しています。

  • 服部 文昭 教授

    言語が多様な機能を持っていること、言語という体系が均質的ではないこと、言語という体系が閉じた体系ではないこと、などの諸点を常に念頭におき、人間の言語は合理的な図式に完全には還元しつくせないという視点から研究をしています。

  • 南條 浩輝 准教授


言語情報システム論分野
※連携機関:
独立行政法人 情報通信研究機構 ユニバーサルコミュニケーション研究所

English