外国語習得のメカニズムの解明と外国語教育法の開発

講演の様子

世界で人間が共生していくためには、言語による人間相互理解が不可欠です。本講座では、外国語教育を有意義なものにするために、外国語習得のメカニズムを解明し、それに立脚して、カリキュラム、教材、学習形態、指導方法、評価方法、指導体制、学習支援環境、教育経営、言語政策等の研究開発を行います。

研究分野

外国語教育論 西山 教行 教授, ピーターソン マーク 准教授, 中森 誉之 准教授, 藤田 糸子 講師
言語教育研究開発論 田地野 彰 教授, デビッド J. ダルスキー 准教授, スチュワート ティモシー ウイリアム 准教授, 金丸 敏幸 准教授, 高橋 幸 准教授, 塚原 信行 准教授
外国語教育論分野
外国語習得論、応用言語学、外国語教育学、言語政策等の知見に立脚し、外国語教育論の構築をめざします。
  • 西山 教行 教授

    外国語教育論では、歴史、社会、文化など人間を取り巻くさまざまな環境のなかで外国語教育の様態を検討し、外国語教育は何をめざすのか、社会でどのような役割を担うのか、どのような制度のもとで実践されるのかなどを考察します。このため、社会のなかで言語にどのような地位と役割を与えるのかを批判的に検討する言語政策の方法論を参照し、学校という社会における言語のあり方に迫ります。なかでも、植民地における言語普及・教育は、政治権力への奉仕を使命としてきたことから、言語教育政策の政治性を鮮明に映し出すものです。このような視座から、外国語教育に内在する政治性を解明し、現代世界における言語教育政策を展望したいと考えます。

  • ピーターソン マーク 准教授

    computer assisted language learning(CALL)

    For further information see my home page
    at: http://www.users.iimc.kyoto-u.ac.jp/~z59316/

  • 中森 誉之 准教授

    次の分野について,理論研究を中心として探究しています。

    (1)母語習得および外国語学習のメカニズム。
    (2)聴覚・視覚・触覚による言語認識のメカニズム。
    (3)言語と音楽の認知メカニズム。
    (4)Multimodal/Multisensory教授学習支援システム。

    協力・連携研究教育機関は,国立特別支援教育総合研究所,生理学研究所,NHK放送技術研究所,工学系大学及びメーカー等です。

    こうした研究の成果を,教育や福祉など,広く社会へ還元しています。

  • 藤田 糸子 講師

    グローバル化が進む今日、若い人達が世界で活躍して欲しいという思いから、主に日本の大学のグローバル化、国際教育、大学院英語教育といった問題に取り組んでいます。直接、学生さんの指導教員にはなれませんが、「国際交流実習」という英語トレーニングの授業を通して学生さんをサポートしていますので、世界に羽ばたきたいと思う人はぜひ「国際交流実習」を履修して下さい。


言語教育研究開発論分野
教育言語学、異文化理解教育論、教育経営論、授業研究論、教授法・教材開発論等の知見に立脚し、言語教育の研究開発をめざします。
  • 田地野 彰 教授

    言語教育に関わる問題には、主として目的論、内容論、および方法論の側面があるが、ここでは、方法論の視点から、言語教育の理論と実践に関わる諸問題について考察する。言語習得のメカニズムの中で、特に社会文化的環境が言語習得にどのような影響を与えるかを探求し、言語教育環境設計の概念的、方法論的基盤の確立を目指す。具体的には、社会心理学的視点から外国語教育研究の中心課題である動機づけ及び外国語習得における困難性の問題に焦点をあてながら、これらの問題と外国語習得、外国語教育方法論、履修課程設計、外国語教材開発、評価等との関連性について総合的な観点から考究する。このような課題の考察及び議論を踏まえて、外国語習得メカニズムの解明ならびに外国語教育環境設計の概念的、方法論的基盤の確立を目指した研究指導を行う。

  • デビッド J. ダルスキー 准教授

    "Tell me and I forget, teach me and I may remember, involve me and I learn." (Benjamin Franklin)

  • スチュワート ティモシー ウイリアム 准教授

    My areas of research interest center on questions of teaching and learning. I am most interested in reflective practice, classroom research, teacher education and collaborative practices. The graduate course in classroom research aims to support students in acquiring a basic level of general knowledge in the broad field of English language teaching (ELT). The course is concerned with understanding the value of local knowledge to professional practice. My own research directly relates to the content of the course.

  • 金丸 敏幸 准教授

    これまで先生の勘や経験に基づいて作成されることが多かった言語学習教材に、コーパス分析の知見や自然言語処理技術を導入することで、より効果的な言語学習環境を構築することを目指して研究しています。コーパス言語学や認知言語学をはじめとする理論言語学、構文解析や重要表現抽出などの自然言語処理、指導法理論や学習評価などを考慮した言語教育学、これらの領域を有機的に結びつける研究に関心のある方をお待ちしています。

  • 高橋 幸 准教授

    私の研究室では,英語教育,教育設計学,教育工学に関連する研究を行っています。私はこれまで様々な分野の研究や研究者との出会いに喚起され,文系から理工系まで広く(浅く?)いろいろな研究に携わることができました。多様な考え方や研究成果を受け入れて議論できる方や,学際的なアプローチにより研究の可能性を広げたい方を歓迎いたします。

  • 塚原 信行 准教授

    もっぱらマイノリティ言語を対象に、現地調査を中心として、「言語と政治」「言語と社会」といった観点の研究を行っています。一見すると言語教育とあまり関係がないと思われるかもしれませんが、実は深い関係があります。人間にとっての言語、あるいは社会にとっての言語をどのようなものと捉えるかによって、言語教育の方法論や制度は全く異なったものになってしまうからです。例えば、言語を単なるコミュニケーションの道具としてしか捉えないのであれば、コミュニケーションでよく使われる言語(通用度の高い言語)の教育についてスキルの観点からのみ論じればよく、かなり的を絞った議論となります。しかし、言語を共同体の紐帯として、あるいはアイデンティティの源泉(の1つ)として理解するなら、「どの言語を、どうやって、いつ、誰が、誰に、どこで教えるのか」ということを様々な要素を絡めて検討する必要がでてきます。
    マイノリティ言語を対象とするのは、こうした問題(群)が、より先鋭的に現れる(現れざるを得ない)からです。その「先鋭さ」は、マジョリティ言語を対象としていたのでは見過ごしてしまう、言語教育上の豊富な視点をしばしばもたらします。授業や個別指導においては、こうした視点をわかちあうことに重点を置いています。



English