人間は、自然、政治、経済、宗教、言語、文学、芸術といった諸条件とさまざまに関わるなかで、歴史と文化と社会を創造して生きています。地球上の諸文明と、それらを育んできた歴史文化社会とを、普遍性と特殊性および共生可能性を展望しながら考究し、特に、東アジア(日 本・中国)および欧米の歴史的・文化的・社会的特性を、通時的かつ共時的に多方面から解明することにより、歴史と文化の相互交渉的関係をよりダイナミックで立体的なものとして捉え直す視点から教育研究を行ないます。

研究分野

歴史社会論 合田 昌史 教授, 西山 良平 教授, 元木 泰雄 教授, バッテ, パッラヴィ・K 特定講師
東アジア文化論 阿辻 哲次 教授, 須田 千里 教授, 辻 正博 教授, 道坂 昭廣 教授, 佐野 宏 准教授, 長谷川 千尋 准教授
西欧文化論 桂山 康司 教授, 髙谷 修 教授, 水野 眞理 教授, 池田 寛子 准教授
博物館文化財学 宮川 禎一 教授, 山本 英男 教授, 大原 嘉豊 准教授, 山川 暁 准教授
歴史社会論分野
史料を広い視野の中で批判的に読解しながら、日本および欧米における文明と社会の関わり方を歴史的視点から考察します。
  • 合田 昌史 教授

    「大航海時代」のポルトガルやスペインについて研究しています。とくに両国が地球を山分けしようとした野心的な言説「世界分割」に関心があります。また、史料としての地図や図像への関心が高じて美術史にも少し手を出しています。

  • 西山 良平 教授

    日本の文化や歴史は魅力的でかつ不可解です。その豊饒さを古代・中世の文化や社会から分析することを課題にしています。分析の視角は、都市(平安京)・王権(天皇制)・文化、都市と農村の関係(交通関係)などです。都市の分野では平安京の居住形態・社会集団や京都の発展史、王権の領域では王権の正統性・謀反や〈王〉の身体性・病のあり方、文化の側面ではタタリやケガレなどに取り組んでいます。

  • 元木 泰雄 教授

     中世前期の日本史を研究している。主な研究テーマは、武士の成立、院政、平氏政権、源平争乱、鎌倉幕府などである。従来のような貴族と武士を対立的に捉える単純な歴史観を克服し、新たな政治史の構築を目指している。

  • バッテ, パッラヴィ・K 特定講師


東アジア文化論分野
日本の社会、文化、言語、思想、文学及び中国の近代以前の社会や文化を考察します。
  • 阿辻 哲次 教授

     古代中国における文字の記録、具体的には「甲骨文字」や青銅器に記録された「金文」などを通じて漢字の古代における様相を究明し、その知見をふまえて中国における文字文化を通観する。またパソコン等の現代テクノロジーの媒介としての漢字を研究。近年は現代の日本における文字の規範を考え、新しい常用漢字の策定に関与している。

  • 須田 千里 教授

    私の専門は日本近代文学で、特に、泉鏡花、芥川龍之介、久生十蘭、幸田露伴を中心に、作品の材源を解明し、作者の構想や成立過程を跡づける研究を行っています。これまで所属した院生の研究は、上記に加え、太宰治、江戸川乱歩、森鴎外、吉本ばなな、村上春樹など多種多様です。指導方針は、院生との対話を通じて作成する論文の問題点を共に考え、適切なアドバイスをすることです。なお、研究生は取りませんのでご注意願います。

  • 辻 正博 教授

     3世紀~12世紀ごろの中国史、言いかえれば、「三国志」の時代から「水滸伝」の時代までの中国社会について研究をしています。当時の社会の実態を知るために、法典から小説までさまざまな種類の文献史料を幅広く読んでいます。そのうち論文として発表するに至っているのは、政治制度・官僚制度と刑罰について調べたものです。 

  • 道坂 昭廣 教授

     中国古典文学、特に南北朝から唐代の文学を勉強しています。この時代は社会全体にドラスティックな変化が生じた時代で、それにともなって人間の感情にも大きな変化が生じました。その変化が、文学ジャンルや作者構成にどのように反映しているのかといったことを調べています。まだまだ解明を待っている問題も多く、書かれた時代は古いですが新しい文学といえましょう。また、日本漢文学、江戸時代の漢文学に興味をもっています。

  • 佐野 宏 准教授

    古代日本語の表記と文体について、その成立過程と展開を明らかにすることが一つの研究テーマである。7,8世紀の日本語の表記は、漢字を取りこみながら、自分たちの表記法を構築している。漢字で読める世界から、日本語の文字で書ける世界へという展開にあって、多様な漢字の用法は次第に制限されてゆき、自分たちの文字が形成される。そこに広い意味での「文字遣い」、あるいは後の「仮名遣い」にも通底する規則性が胎動している。規則性の検証を通して、日本語の表記史を考えている。

  • 長谷川 千尋 准教授

    日本古典文学、特に中世の連歌や和歌を中心に研究しています。連歌は、和歌、物語、説話、漢籍その他、先行する幅広いジャンルの文学的素材を取り入れ、言外に多くを込める余情に優れていて、作品を読み解く興味は尽きません。また、中世から近世にかけて、『古今和歌集』や『伊勢物語』などの古典の学問が、流派間の対立を孕みながらどのように形成され、展開していったのか、といったことにも関心を持っています。各地の図書館や文庫等に所蔵される原本の閲覧、諸本調査に基づく本文批判、未開拓資料の収集にも心がけています。


西欧文化論分野
西欧古代・中世文化及びルネサンスから19世紀末にいたるイギリス文学を考察していきます。
  • 桂山 康司 教授

     イギリスの詩を研究しています。言葉の多様な働きを詩人たちが如何に利用し、独自の表現法を開拓していったかを、作品内の言葉の微細なネットワークのうちに追及すると同時に、より大きな文化的枠組みとの関連においても解明しようとしています。

  • 髙谷 修 教授

     十八世紀のイギリス文学が専門ですが、最近はイギリスの作家に対するギリシア・ローマの詩人たちの影響という問題に関心をもっています。特にVergilius には尽きない興味を感じています。ギリシアやローマの古典作家のイギリス文学に与えた影響という問題を少しずつ解明してゆきたいと思っています。

  • 水野 眞理 教授

     英国初期近代の文学、すなわちリアリズムに基づく近代小説の成立以前の騎士道物語、牧歌、ソネットなどにおける想像力の働きを、文学テクストのみならず、さまざまな文化的営為との関わりにおいて分析します。 現在は特に、16世紀の英国およびアイルランドにおける、景観・農業・牧畜・土地開発などに関する言説と、文学作品に書き込まれた環境への認識との関係に着目して、研究を進めています。

  • 池田 寛子 准教授

    イギリス地域・詩歌・フォークロアをキーワードにすると、さまざまな興味深い文化現象に繋がっていきます。英語やケルト語の民謡は現代のポップスにも通じるものがあります。古今の歌の伝統は民衆の心から現代の世相までを映し出します。民間伝承物語は原題の児童文学作品やファンタジー小説などに通じていきます。視野を広げながら、どこかで何かに出会い、立ち止まり、深く掘り下げる、こういった知の探求を楽しみ、掘り上げたものを多くの人に価値あるものとして伝わるような文章にまとめていく、そういった論文作成のお手伝いをしたいと思います。イギリス地域の文学や民間伝承を読み解くにあたって、日本への影響、日本からの影響、といった比較文化・文学的な視点も大切にしたいと思います。


博物館文化財学分野
博物館文化財学 博物館における美術作品の扱いとその位置付けについて、作品研究・保存・展覧会への組み込みなど、多角的な実践的 研究を行ないます。
  • 宮川 禎一 教授

    考古学の基本は考古遺物に対する詳細で丁寧な「観察」にある。青銅器などの金属製遺物にはその製作方法を示す痕跡が必ず残されている。博物館に収蔵されている様々な遺物を観察し、学問的に意味のある情報を取り出す作業をおこなう。具体的には弥生時代の銅鐸や銅剣、古墳時代の銅鏡や青銅製馬具、飛鳥奈良時代の蔵骨器や銅製墓誌、平安時代の経筒や経箱などの実物資料を検討したい。昨今の考古学は画像や文字情報に頼りがちであるが、原点に回帰し具体的な遺物に触れ、問題意識をもって観察することを研究指導の主眼とする。

  • 山本 英男 教授

    芸術作品を研究するに当って最も留意しておかなければならないのは、可能な限り、対象とする作品を直接に見ることである。見ることによってすべてが始まるといって過言でない。ただし、様々な事由によって対象作品を見ることが出来ないこともある。その場合にも、それに関連すると思われる諸作品を数多く見ることによって、作品が生まれる環境を知悉していることが必要であり、そうすることによって作品理解は格段に深化する。いまひとつ肝要なことは、その作品が生まれた時点までの文化的総体としての知識によってしか裁断してはならないということで、作品が生まれた以後の新しい知識を用いることは厳に慎まねばならない。以上のような点を研究指導の核心に置いて、日本中世水墨画史を考察する。

  • 大原 嘉豊 准教授

    日本を中心とする東洋の仏教絵画を研究領域とする。美術史学は、造形の外見的特徴を分析することで発展した学問である。この柱が様式論であり、実物観察を通じた作品記述を繰り返すことで鑑識指標が整理され、制作年代や制作地、流派、作者を明らかにしてきたのである。しかし、作品制作が人間の手になる以上、作者や注文者を取り巻く環境などから歴史に正しく作品を定位させる必要がある。この場合、一旦、観察の際に脇に置いていた歴史学を含めた関連諸学の成果を作品研究に還元・反映させていく必要が生まれる。特に、仏教絵画は仏教史の研究と不可分の関係にある。かつ、仏教が外来宗教であったため、対外交渉史の観点も必要である。また、歴史が連続のうえに展開するものである以上、通時代的な視野も必要になる。本講では、実物調査と講義を通じて仏教絵画観察及び研究における着眼点を指導することで、自ら鑑識眼を育み、複眼的な研究の視座を獲得し自立して研究を行うことができるようになることを目標とする。

  • 山川 暁 准教授

    博物館という現場で、作品に囲まれながら、日本に伝世する染織品を研究している私は、とりわけ、仏教や神道に関わる宗教染織品、宗教の場で発達した祭礼や芸能に関わる染織品に、関心を寄せている。そのうち、最も集中的に研究しているのは仏教僧が用いる袈裟である。仏教はアジアで広く尊崇されてきたが、8世紀から始まり各時代の袈裟を相当数伝えているのは、日本のみである。さらに、その多くは日本製ではなく、仏法を求めて渡海した留学僧たちがもたらしたとの伝承を有している。その伝承が首肯しうるのか、作品そのものの分析を基礎に、東アジア各地の基準となる出土染織品との比較や、僧伝および寺院文書の調査によって検証している。
    工芸史研究の基礎となるのは、目にした作品から的確に情報を読み取り、数値化・言語化することである。その蓄積と比較研究が作品年代の比定につながり、さらにはそれが諸文献の読解と結びつく時、遠い過去がよみがえるような、歴史研究者ならではの醍醐味を味わうことができる。染織品の分析研究を例に、作品という過去と現在をつなぐモノから多くの情報を引き出す力を養い、自らの興味範囲の中で適切な比較対象を選定できる、自立した視点の確立を目標としたい。

* 独立行政法人 京都国立博物館


English