分子、生命、資源の相関研究

実験の様子と化合物

生物資源・有機資源の相関に基づいた諸問題についての教育研究を行う。すなわち、生物が種々の有機資源を効果的に産出する機能やメカニズムを解明するとともに、有機資源の構造や機能を明らかにして、資源の持続的有効利用と有用な物質に変換する低環境負荷技術の開発を探求する。

研究分野

分子環境相関論 小松 直樹 教授, 田村 類 教授, 津江 広人 教授, 藤田 健一 教授, 髙橋 弘樹 助教
生命環境相関論 川本 卓男 教授, 髙田 穣 教授, 宮下 英明 教授, 小林 純也 准教授, 土屋 徹 准教授, 神川 龍馬 助教
分子環境相関論分野
有機資源・物質の基盤となる有機分子・物質の持つ構造ならびに機能とその発現のメカニズム、金属や生体との相互作用を講究する。
  • 小松 直樹 教授

    我々の研究室では、研究の自由を重んじ、interdisciplinary な研究テーマと international な研究環境を通して、世界中どこに行っても通用する個の力を磨きます。また、研究分野、国、官民を問わず、共同研究を積極的に行い、幅広く素材の有用性を 追求するとともに、幅広い知識と経験を蓄積します。
    平成27年4月1日に発足した研究室です。まっさらな研究室でのびのびと研究してみませんか?

  • 田村 類 教授

    田村研究室には,日本各地の大学出身の学生が大学院生として入学しています.当研究室で研究活動を行うためには,大学の学部生時代に,ある程度「化学」を学習していることが必要ですが,必ずしも「有機化学」が専門である必要はありません.有機化学および関連領域を学びつつ,得意な分野の研究能力を伸ばしていただきます.まずは,ホームページ にアクセスしてみてください.

  • 津江 広人 教授

    多孔性材料は,分離材や吸着材として広く活用されており,資源の持続的有効利用への大きな切り札となり得ます.当研究室では,有機合成化学,構造有機化学,有機結晶化学を基盤として,特に軽元素だけで構築された有機分子性結晶に着目し,温室効果気体やクリーンエネルギー気体を認識する有機結晶を創製するとともに,その機能発現のメカニズムについて研究を行っています.有機化合物の合成,分子構造,結晶構造,あるいは有機分子性結晶のもつ機能に興味のある学生さんを歓迎します.

  • 藤田 健一 教授

    21世紀の有機化学・有機合成化学のキーワードの1つである「環境調和(グリーン)」を念頭におき、さまざまな機能を持つ有機分子を自在に、そして100%の選択性で作ることを目指して、分子変換反応の設計と開発を行っています。
    さらに、低炭素社会におけるエネルギー源として期待の大きい水素の有効利用に貢献できる基礎技術の開発にも取り組んでいます。

  • 髙橋 弘樹 助教

    構造化学,特に単結晶中の分子の動的挙動について研究しています(無機物,有機物)。一般に結晶中の分子は決まった位置に配列、静止していると考えられていますが、ある程度分子構造が変化する余地があります。結晶を加熱または冷却すると、結晶中の分子構造が大きく変化して異なる結晶相が現れることがあります。この相変化の過程をX線回折を用いて分子の変化の様子を可視化する研究しています。


生命環境相関論分野
生命のエネルギー生産性解析、生物学的破綻因子の特定、放射線リスクの生物学的解析によって、生命環境に相関した諸問題の解明を目指す。
  • 川本 卓男 教授

    私の研究室では,生物の持つ機能への理解を深め,それを応用して,新しい可能性を創造すべく,学際的な研究・教育を行っていきたいと思っています.
    これまでに,工学研究科化学系研究室および医学研究科などでの研究・教育の経験を生かし,膵島や胚性幹(ES)細胞などの有用組織・細胞等を研究対象として取り上げ,新たな生体材料の開発や再生医療の更なる発展,地球環境・資源の保全などに貢献すべく,研究を行ってきました.
    大学院生の諸君が研究生活をよい意味で「自律・エンジョイ」し,独創的な研究ができるようにしていきたいと思っています.ガッツと情熱あふれる諸君の応募をお待ちしております.

  • 髙田 穣 教授

    ゲノムDNAは生命の設計図である。残念なことに、我々の住むこの世界は悪意にみちていて、あらゆる細胞のゲノムは、(1)外因性(放射線や化学物質など)、(2)内因性(複製ストレスや代謝産物など)の攻撃にさらされている。ゲノム安定性をつかさどるメカニズムは生命の維持とあらゆる生命現象に必須である。単細胞生物であろうが、筋肉であろうが、免疫系であろうが、iPS細胞であろうが、例外はない。我々は、ゲノムを守るメカニズムを解明しようと日々奮闘している。この分野はライフサイエンスの最も基本的・基盤的な土台であり、しかも診断治療といった医学的な応用にも近い。目指すものは当該分野の最先端である。バックグラウンドは問いません。意欲と熱意ある学生諸氏の参入を期待しています。

  • 宮下 英明 教授

    自然界には,まだ見ぬ新奇な微生物がたくさん存在しています.我々の研究室では,微生物,特に光合成をする微生物(光合成細菌,シアノバクテリア,藻類)を環境から分離すること,その特性を調べること,あるいはそれらの生態学的研究に興味がある学生を募集しています.光合成微生物の微生物学,分類,系統進化,生態に興味がある方は,訪ねてみてください.

  • 小林 純也 准教授

    電離放射線は生物の遺伝情報が収納されるゲノムDNAに重大な損傷を誘発するが、細胞はDNA損傷が発生すると適切に応答し、損傷DNAを修復してゲノム情報を安定に維持している。紫外線、活性酸素などの環境ストレスからも同様な機構でゲノム安定性を維持していることから、私の研究室では放射線をはじめ、様々なゲノムストレスに対抗するための、生物がもつ防御機構を明らかにすることを目的とし、放射線高感受性遺伝病及びその原因遺伝子に着目して研究を行っている。私の研究室では個々人の自主性を重んじおり、生命の不思議に興味を持ち、自分で考えることが好きであり、福島原発事故以降に社会的に関心が高まっている放射線生物影響の解明に対しても使命感をもって、研究に取り組むことができる、熱意、積極性を持った大学院生を募集します。

  • 土屋 徹 准教授

    現在,人類が直面している環境問題,エネルギー問題,食糧問題といった諸問題の解決に,植物や藻類が行う光合成の潜在力が注目されています.私たちは主にシアノバクテリアを対象として,光合成の機構や進化について分子生物学的手法,生化学的手法などを用いて研究を進めています.研究に対して自主性を持ち,日々の積み重ねを大切にできる学生を歓迎します.

  • 神川 龍馬 助教

    今後の人生において、何かに集中して取り組んだり、様々な体験ができる時間はそう長くは残されてはいません。人間・環境学研究科における数年間を今後の人生の糧となるような有意義な時間にしてもらえればと切に願っています。


English