物質・エネルギー間の相互変換メカニズムとその制御法の開発

物質自然界の有効な制御を目的とし、原子分子の集合体としての物質における安定構造の決定要因、及び外的刺激による応答のメカニズムを解明すること、すなわち、物質とエネルギーの変換ダイナミックスの解明にとりくみます。これを基礎に、新たな機能を発現する機能的物質の開発・創成のための方法論と実際を教育研究します。

研究分野

物質物性相関論 舟橋 春彦 教授, 宮本 嘉久 教授, 吉田 鉄平 教授, 木下 俊哉 准教授, 藤原 直樹 准教授, 森成 隆夫 准教授, 大槻 太毅 助教, 小山田 明 助教, 小西 隆士 助教, 佐野 光貞 助教, 渡邊 雅之 助教
物質機能相関論 内本 喜晴 教授, 加藤 立久 教授, 田部 勢津久 教授, 吉田 寿雄 教授, 戸﨑 充男 准教授, 上田 純平 助教, 山本 旭 助教
物質物性相関論分野 (物理系)
物質の組成や相構造と物性の相関、物質とエネルギーの変換のメカニズムを解析します。
  • 舟橋 春彦 教授

    自然科学における純粋・素朴な疑問から発する,より fundamentalな課題に臨むフロンティアを求め,対象としても手法としても広いアクセプタンスを持った基礎物理学研究を目指します.これまで<素粒子・原子核・宇宙>を対象とした実験的研究を行ってきました.新しいフロンティアとして<科学入門教育>の研究にも取り組んで行きます.研究成果の社会還元・普及として科学教室等の実践も一緒にたのしみましょう.

  • 宮本 嘉久 教授

    鎖状分子,高分子物質を主な対象とし,結晶成長,ガラス転移,摩擦,破壊等,ゆらぎ,非平衡現象について実験的研究を行っています.新しい研究分野を作っていく意欲のある人を期待します.

  • 吉田 鉄平 教授

    角度分解光電子分光 という実験手法を用いて高温超伝導体や電子相関の強い物質の研究を行っています.特に超伝導などの興味深い物性が発現するメカニズムを, 電子構造の視点から解明することを目指しています.手を動かして実験をする一方,データ解析は理論的に行うことが多いので,理論と実験を バランスよく身に着けたい人にお勧めします.実験が好きな人.粘り強く考えることが好きな人を歓迎します.

  • 木下 俊哉 准教授

    レーザーによる原子の冷却・捕獲技術によって生成した超低温の原子気体を,光の定在波の節や腹の位置に規則配列させた光格子は,系の性質を自在に制御できる理想的な量子多体系として注目されています.本研究室では,低次元系や非平衡状態にある原子気体の研究を中心に,光格子を用いた新しいスタイルの物性研究を行っています.物理の基礎的な素養があり,実験が好きな人,研究意欲の高い人を歓迎します.

  • 藤原 直樹 准教授

    高圧や極低温といった複合環境下で,様々な現象(金属絶縁体転移,電荷磁気秩序,及び超伝導など)を呈する強相関電子系について核磁気共鳴を用いて研究しています.物理の基礎知識(力学,電磁気学,量子力学)があれば物性実験の経験を問いません.実験装置は既に立ち上がっているので,十分研究できる環境にあります.2004年開設来、博士卒業1名、修士卒業5名の計6名が在籍 (2017年4月)し、卒業生が第一著者の論文は、【1】Phys. Rev. Lett. & Phys. Rev. B に 7編、【2】J. Phys. Soc. Jpn. に 3編掲載されています。院生の研究業績、進路はホームページに詳しく掲載しています。

  • 森成 隆夫 准教授

    強相関電子系における超伝導や固体中のディラック電子の輸送現象などを理論的に研究しています.テーマに関しては間口を広くとって,色々な問題に挑戦しています.本質を捉えた実験結果の解釈はシンプルなはずであるという信念をもって,適宜数値計算を活用しつつ理論的解析に取り組んでいます.物理の基礎を身につけた,泥臭い計算も厭わない,好奇心旺盛で元気な人を求めています.

  • 大槻 太毅 助教

    光電子分光という実験手法を用いて物質が示す様々な秩序状態の研究を行っています。

  • 小山田 明 助教

    フラストレーションを持つ量子スピン反強磁性体における新しい量子状態の探索。
    実験手段は、核磁気共鳴、電気伝導測定など。
    希土類化合物が主な対象物質である。

  • 小西 隆士 助教

    ソフトマターのひとつである高分子物質の非平衡過程について実験的手法を用いて研究を行っております。高分子はその名の通り分子量が大きく、低分子に比べ空間・時間スケールが大きいため、非平衡過程の実験には適した物質です。現在は高分子の結晶化過程について興味を持ち研究を行っております。

  • 佐野 光貞 助教

    専門は、非線形・非平衡物理学です。系の持つ非線形によって複雑な振る舞いをする物理系に興味があります。そうした複雑な振る舞いを統計理論で説明することを目指しています。皆さんの中で、非線形な系の振る舞いに興味を持った人がいるならば、一緒に研究してみませんか?

  • 渡邊 雅之 助教

    専門分野は光物性物理学です。物質の電気的・光学的な性質を光を用いて調べたり制御したりする実験的研究を行っています。


物質機能相関論分野 (固体材料化学系)
物質機能とそれにかかわる因子を解析し、新素材・新機能性物質の開発を目指します。
  • 内本 喜晴 教授

    将来のエネルギー・環境問題解決のためには,高効率で化学エネルギーから電気エネルギーに変換できる「電気化学デバイス」の開発が必要です.当研究室では,電気化学,無機・有機機能性材料化学,エネルギー化学に立脚して,リチウムイオン二次電池,固体酸化物形燃料電池,固体高分子形燃料電池に関する新規機能性材料の開発,反応の解明を行っています.大学院に進学して,一緒にこの分野を開拓する意欲のある人を募集しています.

  • 加藤 立久 教授

    磁性を持つ物質の中に,また光や化学反応エネルギーで一瞬光る物質の中に,生体の化学反応サイクルの中に,電子スピンは顔を出します.電子スピンという覗き窓から分子の構造・運動・反応性を手探りし,その覗き窓からしか見えない性質を,主に磁気共鳴(ESR)法で追求しています.具体的には,球状炭素分子・フラーレンや超分子錯体に宿る特徴的な磁性観測を進めています.スピンの不思議や分子構造の美しさに憧れを持てる学生諸君を歓迎します.

  • 田部 勢津久 教授

    高効率太陽光発電のための波長変換材料,白色LED用蛍光体や通信光ファイバ増幅器など次世代のフォトニクス技術を担う光機能性セラミックス材料の開発と基礎光物性に関する研究を行っています.無機化学の知識に基づいてガラス,結晶などモノ作りがしたい人,光物性物理に興味がある人の受験を歓迎します.

  • 吉田 寿雄 教授

    太陽エネルギーの有効利用や二酸化炭素の排出量の削減,環境との調和はこれからの人類にとって最重要課題です.本研究室では,太陽エネルギー変換・二酸化炭素有効利用(人工光合成)・グリーンケミストリーを可能とする光触媒と,環境問題解決のキーテクノロジーである環境触媒を,基礎からの理解に重点を置きながら研究・開発しています.このように重要で,かつ夢のある本分野に,一緒に取り組んでみませんか?

  • 戸﨑 充男 准教授

    放射線と物質との相互作用に係るところの基礎から応用に渡り広く研究しています.当面の関心(テーマ)は,核反応を利用した原子過程に関する基礎研究と放射線測定器の開発,そして環境放射能測定(地下からの放射性Rnの測定)です.研究拠点は,放射性同位元素総合センターで,加速器(国内外の)および放射性同位元素を用いて実験研究を行っています.実験装置などのモノづくりから研究に取り組んでいく意欲のある学生諸君を歓迎します.

  • 上田 純平 助教

    光子を操るフォトニクス技術で省エネルギー・低環境負荷の社会を目指すグリーンフォトニクスへ向け、固体照明用蛍光体や残光蛍光体、高効率発電のための太陽光波長変換材料等の新規光機能性材料開発の研究を行っています。具体的には、希土類イオンや遷移金属イオンを添加した酸化物結晶/ガラスを作製し、それらの材料が放つ様々な色の発光を測定・分析し、発光/残光機構の解明、エネルギー移動効率や発光効率の高効率化を目指しています。

  • 山本 旭 助教

    環境問題・エネルギー問題の解決にむけて,高性能な触媒や光触媒の開発を行っています.無機化学や有機化学を駆使した幅広いアプローチで新しい機能をもつ触媒材料合成に取り組む一方で,その分析や解析を通して,教科書に載るような新しい現象や原理を見つけることを目標としています.様々なバックグラウンドをもつ学生大歓迎,我々と共に新しい分野を築いていきましょう.


English