専攻/講座/分野 共生人間学/人間社会論/社会行動論
総人学系 人間科学
所属機関/部局
電子メール nagata.motohiko.4v_at_kyoto-u.ac.jp (Replace _at_ with @-mark)
個人ページ
No image

Message to the prospective students

◆研究室を目指す皆さんに
私が専門としている社会心理学という分野は、研究フィールド(現場)に赴き、そのフィールドをよくするために、フィールドの当事者と一緒に考え行動しながら、新たな知識を紡ぎ出してメッセージとして発信する、そのような研究アプローチをとる学問分野です。フィールドで研究者としての貢献をなすには、日頃から幅広い理論を身につけておくことが必要です。フィールドで考え行動しつつ、理論的にじっくり考える、そのようなアプローチの研究に興味関心がある方、大歓迎です。
研究分野 社会心理学
キーワード 社会心理学、グループ・ダイナミックス、
研究テーマ 災害復興の実践研究に取り組んでいます。具体的には、東日本大震災の被災地である岩手県野田村をフィールドに、チーム北リアスというボランティア・ネットワークを立ち上げ、その一員として復興支援活動に関わりながら、中長期的なコミュニティ復興支援のあり方を研究する、「アクションリサーチ」を行っています。その他これまで、歴史文化的資源を活かしたコミュニティの活性化、バイオテクノロジーの社会的インパクトなどのテーマに取り組んできました。また、社会構成主義をベースにした理論・方法論的研究にも関心をもっています。
代表的著書,論文等 Motohiko Nagata (forthcoming). A bottom-up counterpart assistance approach for the revitalization of communities. Li Peilin and Laurence Roulleau-Berger (eds.) Ecological Risks and Disasters in China and Europe. Routledge Publishers
李永俊・渥美公秀(監修)永田素彦・河村信治(編)(2015). 東日本大震災からの復興(2) がんばる のだ―岩手県九戸郡野田村の地域力 弘前大学出版会
Motohiko Nagata, Aiko Hibino, Toshio Sugiman and Wolfgang Wagner 2006 The Japanese experience. G. Gaskell and M. Bauer eds. Genomics and society: Ethical, legal and social dimensions. Earthscan Publications. Chap. 14, pp.212-227
Aiko Hibino and Motohiko Nagata 2006 Biotechnology in the Japanese media. Asian Journal of Social Psychology, 9, 12-23
永田素彦 2000 分譲マンション復興をめぐる住民間コンフリクトの動態 実験社会心理学研究, 39, 172-187
所属学会,その他の研究活動等 日本グループ・ダイナミックス学会
日本社会心理学会
科学技術社会論学会
日本質的心理学会
土木学会
数理社会学会
日本心理学会
担当授業
  • 学部 社会心理学演習A・B
    心理学実験
  • 大学院修士課程 社会心理学Ⅰ・Ⅱ
    社会行動論演習1
  • 大学院博士課程 共生人間学特別研究Ⅰ・Ⅱ
    社会行動論特別演習1・2
  • 全学共通科目 社会心理学
    社会心理学基礎ゼミナールA・B
    心理学IB・IIB
    心理学研究法II
    現代技術社会論
経歴等 1995年3月 京都大学大学院人間・環境学研究科博士前期課程修了
1995年9月 北海道大学文学部助手
1998年4月 三重大学人文学部講師
2000年4月    同    助教授
2002年7月 京都大学博士(人間・環境学)
2007年4月 京都大学大学院人間・環境学研究科准教授
2009年4月 京都大学大学院エネルギー科学研究科准教授(兼任)

永田 素彦 (ながた もとひこ)教授へメールで連絡する




(※ ご指定のアドレスはご連絡のために利用させていただきます.またお問い合わせ内容の控えをお送りします)


English