専攻/講座/分野 共生人間学/認知・行動科学/身体機能論
総人学系 認知情報学
所属機関/部局
電子メール
個人ページ
研究分野 こころの発達、子どものこころ、メンタルヘルス、精神医学、発達行動学
キーワード 発達障害、自閉症
研究テーマ 人の精神状態は、現在の環境のみならず、幼少期からの発達、環境、性格、特性、認知機構とも関連があると考えられます。それらの関係性を解明しようと多角的に研究を行っていますが、今後は、不変部と可変部に分け、前者を認識した上で、後者への対応、更には今後のトラブルを予防するようなシステム開発も目指しています。具体的には、メンタルヘルス国際比較、発達障害の社会支援、行動・認知・脳科学に基づいた自閉症のメカニズム解明などに取り組んでいます。
代表的著書,論文等 Funabiki Y, Konishi M Long memory in song learning by zebra finches Journal of Neuroscience,23,17,6928-6935 2003
Funabiki Y, Funabiki K Song retuning with tutor model by adult zebra finches Developmental Neurobiology,68,5,645-655 2008
Funabiki Y, Funabiki K Factors limiting song acquisition in adult zebra finches Developmental Neurobiology,69,11,752-759 2009
Funabiki Y, Kawagishi H, Uwatoko T, Yoshimura S, Murai T Development of a multi-dimensional scale for PDD and ADHD Research in Developmental Disabilities,32,3,995-1003 2011
Funabiki Y, Murai T, Toichi M Cortical activation during attention to sound in autism spectrum disorders Research in Developmental Disabilities,33,2,518-524 2012
Kawasaki M, Kitajo K, Fukao K, Murai T, Yamaguchi Y, Funabiki Y. Frontal theta activation during motor synchronization in autism. Sci Rep, 7, 15034  2017
所属学会,その他の研究活動等 日本神経科学学会
日本児童青年精神医学会
日本音声言語医学会
日本精神神経学会
日本内科学会
日本総合病院精神医学会
日本発達神経科学会
担当授業
  • 学部 基礎演習:心の発達ゼミ
    精神保健福祉概論(関係行政論)
    心の発達と問題行動の理解(司法・犯罪心理学)
    認知・行動科学実験 III(健康科学実習)
    心理学研究法
    研究倫理・研究公正(生命系)
  • 大学院修士課程 精神医科学Ⅰ(心理的アセスメントに関する理論と実践)
    精神医科学Ⅱ(心の健康教育に関する理論と実践)
    身体機能論演習
    認知・行動科学総合演習1、2
    心理実践実習1、2、3
  • 大学院博士課程 心理実践実習1、2、3
  • 全学共通科目 健康心理学 I
    精神保健福祉概論
    心の発達と問題行動の理解
    ILASセミナー: 心の発達ゼミ
経歴等 H8年京都大学医学部卒業。京大病院、京都市立病院にて研修後、京都大学大学院医学研究科に入学し、認知症の臨床研究を行った。H12年からは、カリフォルニア工科大学行動生物学教室に留学し、小鳥の歌を用いた音声発達の臨界期の研究に従事。
H15年に帰国し、こころの発達、発達障害の分野の臨床と研究に従事。学振特別研究員、京大病院精神科助教をへて、H27年より人間・環境学研究科准教授。H30年より現職。
English