専攻/講座/分野 共生文明学/現代文明論/文明構造論
総人学系 国際文明学
所属機関/部局
電子メール kobayashi.tetsuya.3f(at-sign)kyoto-u.ac.jp
個人ページ
No image
研究分野 ドイツ文学、思想史
キーワード ヴァルター・ベンヤミン、ゲルショム・ショーレム、カール・クラウス、ドイツ・ナショナリズム、ドイツの黙示録
研究テーマ
代表的著書,論文等 ・ベンヤミンにおける「純化」の思考、水声社、2014年
・猶予としての正義——ゲルショム・ショーレムとヴァルター・ベンヤミンの正義論——、『思想』(岩波書店)、2022年第3号(no. 1175)
・象徴の沈黙、嘆きの伝承——ゲルショム・ショーレム「嘆きと哀歌について」——、『言語文化研究』(松山大学)、第40巻第2号、2021年
・B・フィアテルの「カール・クラウス」——ユダヤ的預言者像の意義——、『言語文化研究』(松山大学)、第39巻第2号、2020年
・ショーレムとベンヤミン——「修復」のシオニズム、「忘却」への「注意深さ」——、『思想』(岩波書店)、2018年第7号(no. 1131)
・残された「嘆き」の声——インゲボルク・バッハマンに宛てたゲルショム・ショーレムの詩——、『ナマール』(神戸ユダヤ文化研究会)、第22号、2018年
・Mosaikstil oder Epigonentum. Die Kraus-Interpretation von Gershom Scholem und Walter Benjamins Kraus-Essay, in: Neue Beiträge zur Germanistik, Hrsg. v. d. Japanischen Gesellschaft für Germanistik, 2017, Bd. 16, H. 1.
所属学会,その他の研究活動等 日本独文学会
日本独文学会京都支部
ゲーテ自然科学の集い
神戸ユダヤ文化研究会
担当授業
  • 学部 文明構造論演習IVA
    文明構造論演習IVB
    国際文明学系入門A
  • 大学院修士課程 共生文明学研究I, II
    文明相関論2
    文明構造論演習4
  • 大学院博士課程 共生文明学特別研究I, II
    文明構造論特別演習I, II
  • 全学共通科目 ドイツ語IA, IB, IIA, IIB
経歴等
KYOTO UNIVERSITY 125th 国際ガラス年 2022 新型コロナウイルスへの対応について
English
国際ガラス年 2022