専攻/講座/分野 共生文明学/文化・地域環境論/文化遺産学
総人学系
所属機関/部局 奈良文化財研究所
電子メール ytakeshi(at mark)nabunken.go.jp (at mark)を@に変更してください
個人ページ
No image
研究分野 考古学、歴史学、文化財科学
キーワード 動物考古学、考古動物学、環境考古学
研究テーマ  遺跡から出土した動物骨の分析を通して、食や使役、道具素材など「人が動物をどのように利用してきたのか」という動物資源利用の多様な歴史に関心があります。
 また、平城京や藤原京といった古代都城を中心として、環境考古学の研究を実践したいと考えています。単に過去の自然環境を復原するのではなく、当時の人々が周囲の自然環境へどのように適応し、自然環境からどのような資源を獲得し、自然環境をどのように改変したのかを研究していきたいです。
代表的著書,論文等 山崎健(2015)「農耕開始期における漁撈活動の変化−伊勢湾奥部を事例として−」『日本考古学』39、17-30頁
山崎健・上中央子編(2015)『現場のための環境考古学(携帯版)』奈良文化財研究所
山崎健(2013)「生業研究としての焼骨の可能性―新潟県域を事例として―」『動物考古学―20周年記念号―』30、49-66頁
山崎健(2012)「藤原宮造営期における動物利用―使役と食を中心として―」『文化財論叢Ⅳ』奈良文化財研究所創立60周年記念論文集、345-365頁
Yamazaki T., et al.(2012)Estimation of Age at Death of Sika Deer (Cervus nippo n) from an Archaeological Site Based on Radiographs of Mandibular Molariform Too th Development. International Journal of Osteoarchaeology 22-2, pp.185-193.
所属学会,その他の研究活動等 日本動物考古学会
日本植生史学会
日本文化財科学会
日本考古学協会
担当授業
  • 学部
  • 大学院修士課程 環境考古学論
  • 大学院博士課程 文化・地域環境論特別セミナー
    文化遺産学特別演習
  • 全学共通科目
経歴等 2000年 東北大学文学部史学科 卒業
2008年 名古屋大学生命農学研究科博士課程 単位取得退学
2008年 奈良文化財研究所 研究員
名古屋大学博士(農学)
English