専攻/講座/分野 相関環境学/物質相関論/物質物性相関論
総人学系 自然科学
所属機関/部局
電子メール naoki_AT_fujiwara.h.kyoto-u.ac.jp  (Please replace _AT_ with at mark.)
個人ページ Website

Message to the prospective students

◆研究室を目指す皆さんに

当方研究室は、固体物性物理学(Solid State Physics)の研究室です。
研究室に所属する修士課程院生及び博士課程院生は、日本物理学会で研究成果を発表することになります。大学院生の所属は人間・環境学研究科ですが、研究目的や対象は、学内外の理学系あるいは工学基礎科学系と同じです。

現在の研究内容は、高温超伝導体(hiigh-transition temperature superconductors)を中心に強相関系電子系物質(strongly correlated electron systems)を核磁気共鳴(NMR)法を用いて研究しています。研究室の特長は、汎用圧力セルによる4万気圧までの圧力下NMR計測です。

日本高圧力学会に2018年卒業生が寄稿した研究室紹介が、学会ホームページからフリーで閲覧できます。
日本高圧力学会 学会誌 最新号(J-STAGE) 【28巻 2018】
(以下のリンクからPDFをダウンロードできます。https://www.jstage.jst.go.jp/article/jshpreview/28/1/28_38/_article/-char/ja)

過去研究室に所属した院生の研究業績は、アメリカ物理学会誌(Physical Review B, Physical Review Letters)、日本物理学会誌(Journal of Physical Society of Japan)に掲載されています。

2004年開設来の論文
【博士課程卒業1名 修士課程卒業5名 計6名が過去に在籍 (2017年4月)】

【1】Phys. Rev. Lett. & Phys. Rev. B 15編 (7編は卒業生が第一著者)
【2】J. Phys. Soc. Jpn. 4編 (3編は卒業生が第一著者) 
【3】その他 略

院生の研究業績、進路はホームページに詳しく掲載しています。

http://www.fujiwara.h.kyoto-u.ac.jp/Jpaper.html (院生業績)
http://www.fujiwara.h.kyoto-u.ac.jp/Jmember.html (院生進路)

過去研究室に所属した院生の出身大学は、総合人間学部よりも他大学ないし他部局の方が多い状況です。大学院生として、学内外から広く受け入れています。

当方研究室の大学院生(修士課程、博士課程)募集に興味のある方は、あらかじめメールまたは電話にてお知らせいただけば、都合を調整の上、研究室を案内いたします。また、質問があれば面会した時にお答えします。
 
研究分野 強相関電子系 (酸化物等の超伝導体, 金属, 絶縁体)の核磁気共鳴による研究、高圧下での物性研究
キーワード 超伝導体、高圧物性、核磁気共鳴、強相関電子系、遍歴局在転移系、低次元磁性体等
研究テーマ 2004年4月に東大物性研より赴任してきました。物性研究所では、新物質科学部門(旧安岡研)所属時に強相関電子系酸化物の核磁気共鳴(NMR)を、極限環境物性部門 (旧毛利研、現上床研)所属時に、高圧下NMRを行っていました。

着任以来、高圧下NMR装置開発は一つの主な研究テーマですが、2008年に新高温超伝導体が発見されてからは、新高温超伝導体の高圧下NMR測定に重点を置いています (下記研究テーマ参照)。

尚、高圧下NMR測定では、現在4万気圧以上でのNMR測定が可能で、梯子格子銅酸化物の超伝導状態をミクロな観点から調べることに成功しています(汎用ピストンシリンダー型高圧セルとしては世界最高水準)。

------------------------------------

物性研での主な研究テーマ(ほぼ年代順 共同研究者の身分は研究開始当時の身分を表記)

(1) フラストレーションのある3d電子heavy fermion system LiV2O4
共同研究者:上田寛教授 (東大物性研究所)
(2)梯子格子銅酸化物 SrCu2O3 の不純物効果
共同研究者:高野幹夫教授、東正樹准教授 (京大化学研究所)
(3) S=1/2 Heisenberg chain LiV2O5
共同研究者:上田寛教授、磯部正彦博士 (東大物性研)
(4) 梯子格子銅酸化物 圧力誘起超伝導体 Sr2Ca12Cu24O41
共同研究者:内田慎一教授(東大理)、本山直樹博士(現青山学院大)、松本武彦博士(物質材料研究機構)

京都大学に着任してから始めたテーマ

2004年以降
(5)圧力誘起超伝導体 β-AgV6O15
共同研究者:上田寛教授、山内徹氏 (東大物性研)
(6)4万気圧での物性測定:梯子格子銅酸化物 Sr2Ca12Cu24O41 
共同研究者:内田慎一教授(東大理)、藤巻洋介氏、松本武彦博士(物質材料研究機構)、上床美也准教授(物性研)

2008年以降
(7)鉄砒素系高温超伝導体 LaFeAsOF
共同研究者:高橋博樹教授(日大), 神原陽一郎講師(慶大), 平野正浩教授, 細野秀雄教授(東工大)
(8)鉄砒素系高温超伝導体 CaFeAsOF
共同研究者:松石聡助教, 細野秀雄教授(東工大)
(9)鉄砒素系高温超伝導体 Fe2As2Ca6(Al, Ti)4Oy
共同研究者:荻野拓助教, 岸尾光二教授, 下山淳一准教授(東大工)

2014年現在進行中のテーマ
(10)鉄砒素系高温超伝導体 LaFeAsOH
共同研究者:飯村荘史助教, 松石聡准教授, 細野秀雄教授(東工大)
代表的著書,論文等 (1) Phys. Rev. Lett. 111 (2013) 097002, "Detection of AF ordering in heavily doped LaFeAsOH superconductors using NMR techniques"
(2) Phys. Rev. Lett. 90 (2003) 137001, "Superconductivity of the Sr2Ca12Cu24O41 spin ladder system"
(3) Phys. Rev. Lett. 80 (1998) 604, "NMR study of Zn doping effect in a spin ladder system SrCu2O3"
(4) Phys. Rev. B 57 (1998) 3539, "Anomalous spin fluctuation in vanadium spinel LiV2O4 studied by 7Li-NMR"
(5) "高圧技術ハンドブック", 丸善(毛利信男他編) 第4章3節 磁気測定-NMRのうち酸化物担当
所属学会,その他の研究活動等 日本物理学会
日本高圧力学会
アメリカ物理学会
-------------------------------------------------------------
東京大学物性研究所 嘱託研究員 (2004-現在) 
-------------------------------------------------------------
国際会議
低温物理学国際会議 LT23 (2002年 広島) 口頭発表
アメリカ物理学会 March Meeting (2003年 モントリオール) シンポジウム招待講演
高圧核磁気国際会議 HPNP '04 (2004年 ケルン) 招待講演
強相関電子系国際会議 SCES '04 (2004年 カールスルーエ) 口頭発表
アシア高圧国際会議 ACHPR3 '06 (2006年  麗江) 口頭発表
磁性国際会議 ICM 2009 (2009年 カールスルーエ) 口頭発表
Superstripes 2010 (2010年 パレルモ) 口頭発表
IWNSSM& N2S 2011 (2011年 東京) 口頭発表
Superstripes 2012 (2010年 パレルモ) 招待講演
高圧科学技術国際会議 AIRAPT 2013 (2013年 シアトル) 口頭発表
Superstripes 2013 (2013年 ナポリ) 口頭発表
アメリカ物理学会 March Meeting (2013年 ボルティモア) 口頭発表
アメリカ物理学会 March Meeting (2014年 デンバー) 口頭発表
磁性国際会議 ICM 2015 (2015年 バルセロナ) 口頭発表
高圧科学技術国際会議 AIRAPT 2015 (2015年 マドリード) 口頭発表
Superstripes 2016 (2016年 ナポリ) 招待講演
EMN2016  (2016年  プラハ) 招待講演
HPSP-17 & WHS  (2016年  東京) 口頭発表
--------------------------------------------------------------
外部資金調達
文部省科学研究費   基盤研究 (A)  (98-01) 分担
文部省科学研究費   奨励研究 (A)  (99-00) 代表
小笠原科学技術財団  研究助成    (99-99) 代表
島津科学技術振興財団 研究助成    (99-99) 代表
文部省科学研究費   基盤研究 (C)  (02-03) 代表
文部省科学研究費   基盤研究 (A)  (04-07) 分担
日本原子力研究所   黎明研究    (02-02) 代表
文部省科学研究費   基盤研究 (B)  (05-09) 代表
文部省科学研究費   特定領域研究  (05-07) 公募代表
文部省科学研究費   基盤研究 (B)  (11-13) 代表
文部省科学研究費   基盤研究 (B)  (15-17) 分担
三菱財団       自然科学助成  (17-18) 代表
文部省科学研究費   基盤研究 (B)  (18-20) 代表    
担当授業
  • 学部 量子力学II (中級 主として3回生対象)
    自然科学入門(リレー講義)
    課題演習:(物理科学)高圧・核磁気共鳴
  • 大学院修士課程
  • 大学院博士課程
  • 全学共通科目 物理学基礎論A
    物理学基礎論B
    物理学実験 
経歴等 '88 京都大学 理学部 卒業
'93 京都大学大学院 理学研究科 第一専攻 博士課程 終了
'93 文部省特別研究員PD
'95 東京大学物性研究所 助手
'04 京都大学大学院人間環境研究科 助教授 着任 
English